mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

ポテンシャル高し! 宮古島の島野菜を料理する

https://68.media.tumblr.com/bc5f7a14c2d17a093f072b79f8324258/tumblr_ot0s2bHcCT1tvgyjgo2_r1_1280.jpg

宮古島で必ず立ち寄るのがあたらす市場。島じゅうから集まった新鮮な野菜はもちろん特産物や弁当、総菜にパン、まだパッキングされていない出来たての豆腐など、ありとあらゆる宮古食材が集まってくる島の台所だ。今年も例外なく、もはや本来の目的を忘れて買い出し旅行のようになっている。

去年は山ほどの食材をクール便で実家におくったんだが、今年はチビマンゴーだけ公設市場で買ったこともあり、ダンボールに詰めて自力で持ち帰ることになった。羽田でダンボールをスーツケースにくくりつけ、雑踏をかきわけ悶絶しながら京急線に向かうと、「ずいぶんと財産持ちですねぇ」と声をかけられる。夜逃げかなにかと勘違いされているのかと、「いや、全部野菜なんですよ」と慌ててしまった。

その日から1週間は島野菜生活。いくら新鮮とはいえ、食べまくらないとみるみるうちに痛んでいく。ブログを書く手をとめ、とにかく思うまま、気の向くままに料理に没頭していた七月後半。はじめて食べる野菜もあったので記録を残しておこう。島野菜は手を加えすぎない料理がおいしい。やっぱりすごい島野菜。

角オクラ

島オクラを買うつもりが角オクラになってしまった。ただし角オクラといっても、宮古島産はかなり大ぶりだ。筋張った固さはない。

島野菜のお浸しとジーマミー

https://68.media.tumblr.com/c37a543e8ea325c6c2039fc18f701c4a/tumblr_ot0s2bHcCT1tvgyjgo1_1280.jpg

ハンダマ

パルダマ、金時草とも呼ばれ、最近は都内でも見かける。葉が硬いのではじめて生で食べたときは驚いたが、今ではすっかりはまってしまった。苦味があり、噛むごとに滋養が広がる。

ハンダマの天麩羅

https://68.media.tumblr.com/788d9fc0e9c5921d13b0686651221f26/tumblr_otl9ohzmEA1tvgyjgo1_1280.jpg

伊良部のなまり節とハンダマのサラダ

https://68.media.tumblr.com/36ddb0af9b099c4013d794bdcac774dc/tumblr_otl77fNntc1tvgyjgo2_1280.jpg

ハンダマのビシソワーズ

https://68.media.tumblr.com/290224f40845ac76682d6ea9194324f1/tumblr_inline_o57js318AG1qbouyg_1280.jpg
つくりかたはこちら。konpeito.hatenablog.jp

パパイヤ

都内より断然安い。生で食べるソムタムが定番だったが、火を通してもうまいことがわかった。特にイリチーはさっぱりした切り干しダイコンのようで、夏の副菜として優秀。

パパイヤの冷製スープ

https://68.media.tumblr.com/4b26804092a4f22e3f1180354d4a0fb8/tumblr_ot28h1rANx1tvgyjgo3_1280.jpg

パパイヤのイリチー

https://68.media.tumblr.com/440bd15eeae79088623c88821bb8b0bf/tumblr_otla71ZmJm1tvgyjgo1_1280.jpg

アマランサス

スーパーフードとして認知されているアマランサスだが、有名なのは種子のほう。まさか葉が食べられるとは思わなかった。足が早いので、ひたすら炒めて食べた。油との相性がいい。赤いアマランサスは色落ちしやすいので、緑のものと分けて使うほうがいい。

アマランサスと豚肉のパスタ

https://68.media.tumblr.com/dfee0c06b3ac9fe6eb1300a68fc8891c/tumblr_otl8vokPjR1tvgyjgo2_1280.jpg

宮古ゼンマイ

一般的なゼンマイとは違って灰汁がなく、その見た目もゼンマイというよりこごみに近い。さっと茹でるだけで食べられるので調理しやすい。粘りがある。鮮度が落ちやすい。

宮古ゼンマイの天麩羅

https://68.media.tumblr.com/21237aeeb14345ce51317bf39a491a22/tumblr_ot0ta93b3K1tvgyjgo2_1280.jpg

宮古ゼンマイと島豆腐の和え物

https://68.media.tumblr.com/b52a0f3b59cfcd81d0f610e212d2da6f/tumblr_otl7e1kxqK1tvgyjgo1_1280.jpg

人参もどき

さらっとした食感の葉なんだが、噛むと粘りと酸味がある。この酸味がなんとも不思議だったが、宮古の友人いわく、生食がうまいという。根つきがよく、茎を水に差しておけばどんどん増える。

人参もどきと砂肝のコンフィのソテー

https://68.media.tumblr.com/1d68f8a4c5aedd1838217a47c0080a6c/tumblr_ot0shgX7dA1tvgyjgo1_1280.jpg

人参もどきと島豆腐のサラダ、シークワーサードレッシング

https://68.media.tumblr.com/784c7e47e7b8997ff53a49b6e18ebfa9/tumblr_ot28t8SyfI1tvgyjgo1_1280.jpg

シークワーサー

なかなかの高級品。小さめのものを選び丸ごとジップロックにいれて冷凍し、半解凍して使っている。長く火を通すと皮の苦味がでる。

鯵のりゅうきゅう、シークワーサー添え

https://68.media.tumblr.com/88f0fbc67a5ac3f31cfab7ec1e9a979d/tumblr_ot0tr0je4H1tvgyjgo1_1280.jpg

鶏肉とシークワーサーの鍋

https://68.media.tumblr.com/fa764ffbcee32a664d6a7e6a5e3d923c/tumblr_ov4efgIF6a1tvgyjgo3_1280.jpg

トビウオの刺身

https://68.media.tumblr.com/584e8fe6596bb89e7e723accafd9a957/tumblr_otl932YUOf1tvgyjgo1_1280.jpg

シークワーサー入り自家製ジンジャーエール

https://68.media.tumblr.com/f27e32b06ef2a5303d889225a7a4b11c/tumblr_ov33ztIjC01tvgyjgo7_1280.jpg

ゴーヤ

すでに全国区になってしまったゴーヤ。東京でも安く手に入るようになったので、わざわざ島で買うメリットはないかもしれない。

ゴーヤとササミの梅和え

https://68.media.tumblr.com/de8f1eb39ff637997e64a9d4a9dc9e04/tumblr_ot28njZOCC1tvgyjgo1_1280.jpg

長生百薬

別名おかわかめ、雲南百薬。5~10秒ほど茹でると粘りがでるが、歯触りもしっかりあり、クセもない。繁殖力が旺盛らしいので育ててみたい野菜だ。

島野菜とジーマミーのお浸し

https://68.media.tumblr.com/c37a543e8ea325c6c2039fc18f701c4a/tumblr_ot0s2bHcCT1tvgyjgo1_1280.jpg

島唐辛子

刺すような辛みのこぶりな唐辛子。泡盛で漬けてコーレーグースーにするのもいいが、ジップロックにいれて冷凍すれば料理を選ばずに使える。熟すと真っ赤になるので、オレンジ色くらいのものを買ったほうが日持ちするようだ。アジアの料理には特に合う。

辛い豚しゃぶサラダ

https://68.media.tumblr.com/383c5826d02e7fd0adcfbd980ef5bbe2/tumblr_ou5zt1wIwN1tvgyjgo1_1280.jpg

カドンピカ

https://68.media.tumblr.com/f994a6cd668577d4a15a7eb3c72b2ebf/tumblr_otxtonQRos1tvgyjgo1_1280.jpg

豚挽肉とキャベツのサラダ

https://68.media.tumblr.com/e83363ed9f2eb399b87ae978de96918e/tumblr_ov4drpZmNU1tvgyjgo1_1280.jpg

トマトとナスと島唐辛子のパスタ

https://68.media.tumblr.com/2e568b122ddc53633c240c77c78d7652/tumblr_ov34q9dmVj1tvgyjgo1_1280.jpg

島唐辛子の生姜焼き

https://68.media.tumblr.com/b19568051ac382df6a899655a0f07403/tumblr_ov4dkyLlnc1tvgyjgo1_1280.jpg

チビマンゴー

https://68.media.tumblr.com/4175391384cc88f7462f8d85d2d6eca5/tumblr_owm6fu2zj71tvgyjgo1_1280.jpg
東京では絶対に見かけない、赤ちゃんマンゴー。皮も手でむけるし甘さもばっちりだし、普通のマンゴーより好きだったり。これはそのまま食べましょうねぇ。

あたらす市場

〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里1440-1