mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

食品ロスに挑む、皮ごと真っ赤な紅玉のコンポート

紅玉のコンポート

浅間りんご農園から紅玉がたくさん送られてきたので、新鮮なうちに煮ておくことにした。

リンゴを皮ごと煮ると皮がやや口に残るので、剥いた皮だけをキッチンペーパーに包んで、実と一緒に煮ると淡いピンクに染まりとてもきれいだ。が、結局その皮は捨てることになる。これまであまり気にしたことがなかったが、今年は生ゴミコンポストに挑戦したことも相まって、とにかくゴミを減らしたいという思いに駆られていた。巷では食品ロス対策も盛りあがっているし、皮と実の間がいちばんうまいという説は果物の常である。

なんとか皮も一緒に美味しく食べる方法はないものか?
戯れに皮を刻んで、白ワインといっしょに粉砕してみるとラズベリーのような鮮やかに発色した。これを加えてリンゴを煮れば、圧倒的にロスが少ないじゃないか、と色めきだった。こりゃやってみるしかない。

紅玉のコンポート

皮ごと紅玉のコンポート

材料

紅玉りんご 6個(1564g) 八つ切り
きび砂糖 りんごの重量の40%(625g)
白ワイン 適量(ミルサーがまわる程度の分量)

※しっかり酸味がある紅玉だったのでレモンを省いた。

つくりかた

  • リンゴは八つ切りにして重さを量り、その40%の重量の砂糖を用意。

紅玉のコンポート

  • 皮をむく。

紅玉のコンポート

  • 皮をむきながら、リンゴに砂糖をまぶしながら大鍋に敷き詰めていく。

紅玉のコンポート

  • 皮を刻む。

紅玉のコンポート

  • 皮にごく少量の白ワインを加え、ミルサーで撹拌する。

紅玉のコンポート

  • 砂糖によってリンゴから水分が出たところを見計らって、火をつける。はじめは弱火で。

紅玉のコンポート

  • 水分がたっぷり出たところで、皮を加える。

紅玉のコンポート

  • アクを取り除き、落としぶたをして強火で、好みの固さになるまで煮る。

紅玉のコンポート

  • 煮上がったら、一晩このままおいておく。まだところどころ白っぽいが、一晩たつと真っ赤に染まる。

紅玉のコンポート

さっそくアップルパイを焼いてみると、まさにTheアップルパイな装いに、ひとり悦に入るのであった。皮のおかげか、いつもよりしっかり固まったような気もする。

アップルパイ