mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

秋の戻り鰹とピーナッツのサラダ

https://78.media.tumblr.com/5dd7ffbccac16ec8e203a2fbbba4e885/tumblr_oy21zv5zkN1tvgyjgo2_1280.jpg

秋に獲れる鰹は「戻り鰹」と呼ばれ、脂ののりがよく美味しいと人気が高い。
血合いの部分に独特の生臭みがあるが、それを消すためにショウガやニンニク、ネギなど薬味をたっぷりのせて味わうのがカツオという魚である。ただどんなに「旬モノだ!」「うまい!」と言われても、その生臭みを受けつけない人はいるものだ。外国人にうまいからとすすめても生魚を食べられない人がいるように……。

実際、我が家でカツオの刺身が食卓にあがることはない。「赤身ならマグロがいい」と言われるからだ。「サバとカツオだけは獲れたてじゃないとダメだ」というのが持論であるらしい。それに真っ向から反論するわけじゃないが、海まで仕入れにいけとでも言うのか。

魚屋はすっかり秋が深まり、カツオのたたきがずらりと並んでいる。どうしたって目にはいってくるし、見れば食べたくなってくるのが人情というもの。柵を手にとって悩んでいるとその隣に切り落としが半額以下で売られているではないか。これならもしまずくても諦めがつくかもしれない。
カツオのたたきの切り落としなので、見栄えは悪い。そこでサラダの具として使うことにした。野菜はあるものを適当に使ってアジア風にしてみよう。

「好きじゃないもの」を食卓にだすときは、いつも以上に緊張する。「どう?」とたずねてみると、「うん、まぁまぁ。これなら食べられる」。まぁまぁと言うわりには、あっという間に完食なんすね、っと口から滑りそうになった。切り落とし万歳だ。

材料

カツオのたたきの切り落とし 200g〜  
レタス 半玉 太めの千切り
ニンジン 1本 チーズグレーターでおろす
アボカド 1個 一口大に薄切りしてレモン汁をかけておく
ピーナッツ 60cc 砕く
ドレッシング
ニンニク酢※ 小さじ2 ニンニク少量をすり下ろして酢と混ぜてもいい
ショウガ汁 親指ほどのショウガをすりおろす  
醤油 小さじ2
小さじ1/4  
ひまわり油 小さじ4
胡麻油 小さじ2

※ ニンニク酢は、酢にニンニクを漬けただけのものだ。
konpeito.hatenablog.jp

ニンジンはチーズグレーターの粗い面でおろすと不規則な刻みになってドレッシングがよくからむ。

つくりかた

  1. 野菜を切り、水気をとって冷やしパリッとさせる。
  2. ドレッシングの材料を混ぜる。
  3. カツオのたたきをドレッシングに浸して、冷蔵庫で味を馴染ませる。
  4. 皿に野菜、カツオをのせて残りのドレッシングをかけ、ピーナッツを散らす。