mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

【随時更新中】絶対にグアムで食べたい、激うまチャモロ飯!

2016.02.15 初出
2017.02.08 更新

1 子豚の丸焼き(Roast Pig)

f:id:Xphi:20160210014304j:plain

グアムには野生の豚がけっこういて、庭をほじくり返したりとけっこう悪さをする。そんな迷惑な豚がこのテーブルに鎮座しているのかどうは定かではないが・・・・・・こちらはマロロ(Malojloj)のフィエスタでご馳走になった豚である。圧巻のお姿。

f:id:Xphi:20160210014332j:plain

皮はぱりぱり、肉はピンク色でしっとり柔らかだ。この火入れ加減、伝授していただきたい。

2 ミルクフィッシュの姿揚げ(Deep Fried Milkfish)

日本ではサバヒーと呼ばれている。インド洋から西太平洋の温かい海に生息しているせいか、日本の魚屋では見かけたことがない。身が牛乳のように白いことから、英語ではミルクフィッシュ(Milk Fish)、もしくはバンガス(Bangus)と呼ばれている。

Milkfish.jpg
By Bryan Harry (U.S. National Park Service) - パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=651576

小骨が多いものの身がふっくらしているので、揚げると最高にうまいのだ。

f:id:Xphi:20160125173947j:plain

またパロットフィッシュ(Parrotfish)の姿揚げもグアムではよく見かけるが、揚がる前はかなりえぐい色味で、ちょっと引いてしまうのである。

Parrot Fish by Gustavo Gerdel.jpg
By Gustavo Gerdel - http://www.bab.com.ar, GFDL, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9907304

f:id:Xphi:20170208174720j:plain

3 フィナデニソース(Fina’denne’)

f:id:Xphi:20160122215557j:plain

醤油ベースに柑橘類の果汁(もしくは酢)、唐辛子、タマネギなどを合わせたもので、グアムの食卓にはかかせない万能ソース。辛いポン酢を想像してもらいたい。肉、魚、ご飯とあらゆる料理に合う。

4 レッドライス(Red Rice with Fina’denne’)

アチョーテ(ベニノキ)の種子から絞った赤い汁で炊きあげたご飯。フィエスタでは必ず出されるチャモロの主食だ。一見ケチャップライスだが、その見た目とは裏腹にシンプルな味で、フィナデニソースをかけるととてもうまい。

Bixa orellana seeds.jpg
By Eric in SF - https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1316134

5 フライドライス(Fried Rice with Chamorro Sausage)

f:id:Xphi:20160122215633j:plain

いわゆる炒飯。プレーン、ニンニク、鶏肉などさまざまな具があるが、特におすすめはチャモロソーセージだ。玉子をつけると、日本で言うオムライスのような料理になる。こちらもフィナデニソースが合う。

konpeito.hatenablog.jp

6 バーベキューチキン & リブ(Barbeque Chicken and Ribs)

f:id:Xphi:20160125173906j:plain

休日ともなると、グアムの人々はビーチや公園に集まって肉を焼く。これこそ国民食と言えるだろう。肉は醤油ベースに酢やケチャップ、タマネギやニンニクなどの香辛料がはいったバーベキューソースに漬け込んでから焼く。

7 シュリンプ パティ(Shrimp Patties)

https://farm2.staticflickr.com/1273/4686797462_10c45c7c98_b.jpg

Photo by Guampedia, Shrimp Patties: Recipe

エビと野菜を、玉子、小麦粉、エバミルクなどでといた生地で丸くまとめて揚げたもの。グアム版のかき揚げといったところだが、ふわっとした食感。

8 パンシット(Pansit)

https://farm5.static.flickr.com/4015/4594679346_b28d8eec81_b.jpg

Photo by Guampedia, Pancit: Filipino Noodle Dish

肉と野菜のはいったビーフン(米麺)焼きそば。もともとはフィリピン料理のようだが、いまではすっかりグアムの地元食となっている。たっぷりレモンをふって食べるのがグアム流。

9 ケラグエン(Kelaguen)

https://farm5.static.flickr.com/4002/4594065167_83204d237c_b.jpg

Photo by Guampedia, Kelaguen Uhang: Recipe

焼いてから細かく刻んだ鶏肉と玉葱に、レモン汁、塩、ココナッツ、唐辛子などで和えた前菜。鶏肉が一番ポピュラーだが、エビ、牛肉、魚など、さまざまな具でつくられる(個人的にはエビが好きだ)。暑い日にぴったりのさっぱりとした味。

10 ルンピア(Lumpia)

f:id:Xphi:20160201174215j:plain

葉巻タバコのような形をした春巻き。フィナデニをベースとした甘酸っぱいソースにつけて食べる。

11 カドゥン ピカ(Kadon Pika)

f:id:Xphi:20170208180939j:plain

醤油、酢、タマネギ、ニンニク、黒胡椒などでマリネした鶏肉を、唐辛子、ココナッツミルクで煮込んだ辛いシチュー。

チャモロの言葉で「カドゥン(kadon)」は「シチュー」、「ピカ(Pika)」は「辛い」という意味だ。こちらは Linda's Coffee Shopのカドンピカ。ココナッツミルクの入っていない、伝統的なタイプのものだ。

konpeito.hatenablog.jp

12 ビーフ ティナクッタック(Beef Tinaktak)

薄切りの牛肉を、野菜や唐辛子などと、ココナッツミルクでさっと煮た料理。

13 タマレス ギス(Tamales Gis

https://farm5.static.flickr.com/4012/4594070315_ea69e75ed8_m.jpg

Photo by Guampedia, Tamales Gisu: Recipe

トウモロコシの粉に、肉や野菜、スパイスを混ぜて蒸しあげた料理。メキシコ料理のタマル (tamal)のグアム版。ハーフ&ハーフの赤いものは、アチョーテで色づけしたものだ。フィエスタなどでは、バナナの葉にくるまれて提供される。

14 エンパナダ(Empanada)

https://farm2.static.flickr.com/1297/4665771336_272861e001_b.jpg

Photo by Guampedia, Empanada: Recipe

スペイン発祥のエンパナダはミートパイという感じだが、グアムではコーントルティーヤに包んで揚げている。米がはいっているのがグアムならではだろうか。

=======================================================

まだまだ食べたいが、ちょっとお腹いっぱいになってきたので小休憩。