mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

グアムで食べたい、激うまチャモロ料理!

2016.02.12 初出
2019.01.29 更新 カドゥン・マノック(Kadun Manok)を追加。

小さな島グアムだがそのグルメ事情は多様性に富んでいる。チャモロ、フィリピン、中国、日本、スペイン、メキシコ、アメリカ……さまざまな国の文化が融合して現代グアムのグルメが成り立っているけれど、その原点でもあるチャモロ料理は絶対にはずせない!

子豚の丸焼き(Roast Pig, Hinetnon Babue)

f:id:Xphi:20160210014304j:plain

グアムの祭、フィエスタに欠かせないのが子豚の丸焼き。

グアムには野生の豚がけっこういて、庭をほじくり返したりとけっこう悪さをする。そんな迷惑な豚がこのテーブルに鎮座しているのかどうは定かではないが・・・・・・こちらはマロロ(Malojloj)のフィエスタでご馳走になった豚である。圧巻のお姿。

f:id:Xphi:20160210014332j:plain

低温で長時間焼かれたであろう子豚は、皮はぱりぱり、肉は絶妙なピンク色でしっとり柔らかだ。この火入れ加減、伝授していただきたい。

丸ごと魚の姿揚げ

ミルクフィッシュの姿揚げ(Deep Fried Milkfish)

日本ではサバヒーと呼ばれている。インド洋から西太平洋の温かい海に生息しているせいか、日本の魚屋では見かけたことがない。身が牛乳のように白いことから、英語ではミルクフィッシュ(Milk Fish)、もしくはバンガス(Bangus)と呼ばれている。小骨が多いものの身がふっくらしているので、揚げると最高にうまいのだ。

Milkfish.jpg
By Bryan Harry (U.S. National Park Service) - パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=651576

f:id:Xphi:20160125173947j:plain

パロットフィッシュの姿揚げ(Deep Fried Parrotfish)

パロットフィッシュ(Parrotfish)の姿揚げもグアムの定番。揚がる前はかなりえぐい色味だけれど、味はいい。

Parrot Fish by Gustavo Gerdel.jpg
By Gustavo Gerdel - http://www.bab.com.ar, GFDL, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9907304

f:id:Xphi:20170208174720j:plain

フィナデニソース(Fina’denne’)

f:id:Xphi:20160122215557j:plain

醤油ベースに柑橘類の果汁(もしくは酢)、唐辛子、タマネギなどを合わせたもので、グアムの食卓にはかかせない万能ソース。辛いポン酢を想像してもらいたい。肉、魚、飯とあらゆる料理に合う。

konpeito.hatenablog.jp

レッドライス(Red Rice

アチョーテ(ベニノキ)の種子から絞った赤い汁で炊きあげたご飯。フィエスタでは必ず出されるチャモロの主食だ。一見ケチャップライスだが、その見た目とは裏腹にシンプルな味で、フィナデニソースをかけるととてもうまい。

Bixa orellana seeds.jpg
By Eric in SF - https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1316134

アチョーテの実はスーパーで売っているが、日本に持ち帰るのはかなりの大容量。粉末タイプのものが手軽で安い。

f:id:Xphi:20170314174259j:plain

konpeito.hatenablog.jp

フライドライス(Fried Rice with Chamorro Sausage)

f:id:Xphi:20160122215633j:plain

いわゆる炒飯。プレーン、ニンニク、鶏肉などさまざまな具があるが、おすすめはチャモロソーセージだ。玉子をつけると、日本の母ちゃんがオムライスのような料理になる。フィナデニソースをかけて食べるとうまい。こちらは Linda's Coffee Shop のフライドライス。

バーベキューチキン & リブ(Barbeque Chicken and Ribs)

f:id:Xphi:20160125173906j:plain

休日ともなると、グアムの人々はビーチや公園に集まって肉を焼く。これこそ国民食と言えるだろう。肉は醤油ベースに酢やケチャップ、タマネギやニンニクなどの香辛料がはいったバーベキューソースに数時間漬け込んでから焼きあげる。

シュリンプ パティ(Shrimp Patties)

www.instagram.com

エビと野菜を、玉子、小麦粉、エバミルクなどでといた生地で丸くまとめて揚げたもの。日本の揚げエビしんじょうに似ているが、野菜も混ぜ込んであるのがグアム流か。

パンシット(Pansit)

www.instagram.com

肉と野菜のはいったビーフン(米麺)焼きそば。もともとはフィリピン料理だが、いまではすっかりグアムのローカル飯となっている。たっぷりレモンを絞って食べるのがグアム流。

ケラグエン(Kelaguen)

https://66.media.tumblr.com/9e56b3459cda21253d51f3e9d86b2dca/tumblr_plo2q3vF3k1tvgyjgo2_1280.jpg

焼いてから細かく刻んだ鶏肉を、青ネギ、レモン果汁、塩、ココナッツ、唐辛子などで和えた前菜で、グアムの気候にあうさっぱりした口当たり。鶏肉のほか、エビ、牛肉、魚など、さまざまな具でつくられる(個人的にはエビが好きだ)。

ルンピア(Lumpia)

f:id:Xphi:20160201174215j:plain

葉巻タバコのような形をした春巻き。炒めた豚肉、春雨などがはいっている。フィナデニをベースとした甘酸っぱいソースにつけて食べる。

カドゥン ピカ(Kadon Pika)

f:id:Xphi:20170208180939j:plain

醤油、酢、タマネギ、ニンニク、黒胡椒などでマリネした鶏肉を、唐辛子、ココナッツミルクで煮込んだ辛いシチュー。

チャモロの言葉で「カドゥン(kadon)」は「シチュー」、「ピカ(Pika)」は「辛い」という意味だ。こちらは Linda's Coffee Shop のカドゥンピカ。ココナッツミルクの入っていない、伝統的なタイプのものだ。

konpeito.hatenablog.jp

ビーフ ティナクッタック(Beef Tinaktak)

www.instagram.com

薄切りの牛肉を、野菜や唐辛子、ココナッツミルクでさっと煮たチャモロビーフシチュー。

タマレス ギス(Tamales Gis

www.instagram.comトウモロコシの粉に、肉や野菜、スパイスを混ぜて蒸しあげた料理。メキシコ料理のタマル(tamal)のグアム版。ハーフ&ハーフの赤いものは、アチョーテで色づけしたものだ。フィエスタなどでは、バナナの葉にくるまれて提供される。

エンパナダ(Empanada)

www.instagram.comスペイン発祥のエンパナダはミートパイという感じだが、グアムではコーントルティーヤに包んで揚げている。米がはいっているのがグアムならではだろうか。

カドゥン・マノック(Kadun Manok)

https://66.media.tumblr.com/8e17a6dedd885467717408b8b69a8897/tumblr_pm2ws3Z1mX1tvgyjgo6_1280.jpg

チャモロ風チキンスープ。優しい味わいで、日本の水炊きのようだ。鶏肉にはフィナデニソースや唐辛子をかけつつ、スープはそのままいただくのがうまい。写真は Ron's Diner より。

ティティヤス(Titiyas; Chamorro Flat Bread)

www.instagram.com

小麦粉もしくはコーンフラワーでつくられたフラットブレッド。

ゴライ アパン(Gollai Åppan)

www.instagram.com

料理用バナナ(Aga)やリーマイ(Lemmai; Breadfruit)をココナッツミルクで煮たもの。

アフ(Ahu; Young Coconut Porridge)

ココナッツのおかゆ

デザート&スイーツ

ラティヤ(Latiya)

www.instagram.com

バニラカスタードのスポンジケーキ

ブニュエロス アガ(Buñelos Aga; Chamorro Banana Donuts)

www.instagram.comバナナ(アガ)入りのチャモロドーナッツ。フワフワした食感。

アピギギ(Apigigi; Coconut in Banana Leaf

www.instagram.com

バナナの葉でココナッツを巻いて焼いたスイーツ。