mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

グアム最強のティナクタックバーガーにかぶりつく—ピカズ カフェ(Pika's Cafe)

f:id:Xphi:20160129142848j:plain

2016.02.01 初出
2017.02.12 更新(2017.01.21に再訪。「グアム最強のティナクタックバーガー」を末尾に追記)

グアム人の、グアム人による、
グアム人のためのPika's Cafe

「このあいだ12時ごろに行ったら、1時間以上待たされたよ!」

そう言いながらも、グアムの数あるレストランのなかでも彼の一押しが、ピカズ カフェ(Pika's Cafe)だ。新鮮な地元食材とひねりを効かせたチャモロ料理を求めて、昼どきは行列がなす超人気店だ。

少し時間をずらし、閉店一時間前の2時頃に入店すると、15分ほどで席に案内された。とはいえ、やはり満席だ。営業時間も7:30〜15:00という潔さである。時間に余裕をもって訪れたほうがよさそうだ。

人気なのは、2011年のグアム・バーガーフェスタ(Guam Burger Festa)でグルメバーガー部門第2位に輝いた、ティナクタック・バーガー(Tinaktak Burger)だ。ティナタックとは、牛バラ肉を野菜とココナッツで煮込んだ、代表的なチャモロ料理である。

グアム出身のオーナーLenny Fejeran 氏が「グアムが詰め込まれたサンドイッチ」と言うのもうなずける。ただ情けないことに、ここのところの肉続きで胃袋がすこし疲れ気味だ。

そして胃袋と相談して頼んだのが、海老のラップサンド(Shrimp Club*) $12.50だ。海老、アボカド、トマト、ベーコン、ロメインレタス、チリのアリオリがトルティーヤで包まれている。

f:id:Xphi:20160129143002j:plain

ぷりぷりに火入れした海老、歯切れの良いしゃきしゃきレタス。さすが、農家と契約して野菜を吟味しているだけある。華奢なラップサンドに見えて、じつはかなりのボリュームだ。

天国か地獄か
最強ドニソース

横に添えられているホームメイドのドニ(チャモロ語で唐辛子だ)ソースつけると、飛び上がりたくなるくらい絶品だ。じつにパンチが効いたこのソース、ちょっとつけるだけで天国(もしくは地獄)へと直行できる代物だ。

ステーキのブリトー(Cali Steak Burrito)($12.50)にも合う。柔らかくマリネされた肉が断然引き締まる。箸が…いや手がとまらなくなってしまった。

f:id:Xphi:20160201163211j:plain

“Eat Local. Buy Local. Support Local!”

オーナーのLenny and Pika Fejeran 氏は、Kitchen Lingo のプロデュースも手がけている。このふたつの店が共通するスローガンがこれ。

Eat Local. Buy Local. Support Local!

両店舗ともに、野菜が肉や魚貝といったメイン食材を引き立てているので、飽きることなく食べ続けることができる。やはり十数年前に比べると、グアムは食を通して確実に活気に満ちてきたようだ。

よく考えたら、なぜ同じようなラップサンドを頼んでしまったのだろう。隣の若者が皿ごとたいらげそうな勢いで食べていた、チャモロライスがてんこ盛りのプレートもうまそうだったし、やっぱりティナクタック・バーガーも味見すべきだった。

いや、また再訪の楽しみが増えたということにしておこう。

グアム最強のティナクタックバーガー

f:id:Xphi:20170212155320j:plain

2017年1月21日。気合いをいれてデデドの朝市へ行くはずが、すっかり寝過ごしてしまった。

そして、えらく腹が減ってきた。そうだ、Pika's Cafeへ行こう! 時計の針は12時をまわりっている。混雑を覚悟して店にはいったが、週末のせいか、店内は地元客ばかりで穏やかな様子だ。

まず運ばれてきたのが海老のラップサンド。また同じものを頼んでしまったんだが、うまいものはうまい。ほんのりレアに焼き上がった海老はぷりぷりで最高だ。追加で頼んだドニソースをたっぷりつける。安定と納得の味だ。

そして待ちに待ったティナクタックバーガーの登場。見た目は豪快、ハンバーガーといってもバンズは白いチャパタなので、特大のパニーニといったところか。

何より驚いたのは、通常牛バラ肉でつくるティナクタックが、ハンバーグの形になっていたことだ。しかもその特大のパテはうっすらピンク色で焼き加減は抜群。

両手でがっしりと掴み、したたり落ちるソースをよそにかぶりつく。

f:id:Xphi:20170212161550j:plain

これはうまい! 思わず興奮してしまった。口いっぱいに頬張りすぎて声にすらならなかったが、目は口ほどに物を言う。

それにしてもこの何とも言えないフレーバーなんだろう?

インゲンにタマネギ、ローストしたトマト、そしてココナッツミルク。香りの秘密はこれだ! ココナッツ独特のひつこさはまったく感じない。むしろふわっと香るココナッツが食欲をMaxにまで加速させるのだ。

なんて独創的なハンバーガーなんだろう。これぞまさに「グアムを詰め込んだハンバーガー」だ。

食べきれなかったら持って帰ろうだなんて、考えが甘かった。ふわふわと軽いパンが功を奏したのか、あっさりと完食してしまう。

食べ終わる頃には、店は満席になっていた。のんびり寝坊モードの週末は、これからが本番だ。

Information

888 N. Marine Corps Drive #114 Upper Tumon, Guam 96913

営業時間:月曜日〜土曜日 7:30〜15:00