mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

魯肉飯を越えてしまったのか? 驚異の激うま鶏ガラ飯

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

https://68.media.tumblr.com/de674c7574e1b82bb728de2247be5683/tumblr_onoilmovqh1tvgyjgo1_1280.jpg

「今日は飲んでくるわ」

もう夜の8時をまわっている。いまさらメールされても、あらかた夕飯の準備は済んでいるというに。ちっ。舌打ちだって出て然るべきだ。図らずも、今晩はひとり飯になってしまった。

今日はラーメンを食べようと、昼過ぎから鶏ガラ出汁をとっていた。鶏ガラを茹でこぼし、くず野菜をいれて弱火でことこと、ひたすら3時間。

https://68.media.tumblr.com/b15c4215ed8c8da74c431306ccca0c97/tumblr_onoilmovqh1tvgyjgo2_1280.jpg

 ラーメンというのものは、なかなか手の込んだ食べ物だ。スープはもちろんのこと、トッピングだって一からつくればそれなりに時間がかかる。だからみなラーメンは外で食べるものだと納得しているんじゃないだろうか。

さて、ここまで時間をかけたラーメンを一人で食べるのもなんだか癪である。鶏ガラにこびりついた肉片を剥がしながら、何を食べようかと考えあぐね、指先についた肉をぺろっと舐めた。うまっ。

なじみの店主にゆずってもらったブランド鶏だったから、そりゃうまいに決まっている。次に醤油をつけて食べてみた。もう身震いするほどうまい。ただの肉カスが黄金に見えてきた。どうせ一人なんだから、これを丼にしてやろうじゃないか。

いつもより丁寧に鶏ガラから肉をこそげとり、出汁醤油に漬ける。熱々の飯に肉をかけ、小ネギを散らす。先着一名様、ひとり一羽の贅沢飯!

https://68.media.tumblr.com/3e4f0186a47876480e1a38a6ca8e8d62/tumblr_onoilmovqh1tvgyjgo3_1280.jpg

3時間煮込んだ骨の周りの肉は、歯など必要ないほどほろほろだ。ほどよく肉汁をまとった肉片はどこまでもしっとり。軽く台湾名物の魯肉飯(ルーローハン)を飛び越えてしまったのではあるまいか。いや、これは和風魯肉飯だ。スパイスの風味ではなく、和食のもつ「うまみ」が口のなかで大行進、驚異のうまさである。七味をかけるとまた絶品。茶碗に口をつけてかき込み、あっという間にひとり飯は終了。馳走になった。

Sponsored by Netflix