mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

小掃除と中掃除

f:id:Xphi:20170823145637j:plain

あまりの猛暑に七月は息をするのも億劫だったが、八月も半ばになると「東京○日間連続雨」「世界中で異常気象」というテロップを目にする毎日。暑けりゃ暑いで文句をいうくせに、夏らしさがなけりゃないでどこか物足りないというのも勝手なもんである。まあ騒いでも仕方ないので、今年の夏はこんなもんだと受け入れて、やれることをやればいいんだろう。蒸し暑いが少しは体が動くようになったので、八月はいそいそと小掃除に励む毎日だった。

小掃除とは、沢村貞子の『わたしの台所』から拝借した言葉で、「汚れていて気持ちが悪いと思ったとき、いつでもチョイチョイする掃除のこと」である。
沢村氏は昭和を代表する名女優の一人だが、随筆家としても活躍。柔らかで流れるような語り口だが、さすが浅草生まれの浅草育ち。ところどころに凜とした気性の強さもうかがえる。本書は彼女の日々の暮らしと食を綴ったエッセイだ。

ホコリで死んだためしはない〈中略〉普通の家庭でホコリのために病気になることはないだろうから、あんまり神経質になるのはおかしい。生きている人間が暮らしているのだから、家は汚れるのが当たり前。隅々のホコリまで気にしていたら、ほかのことは何も出来なくなってしまう。病的な掃除マニアにはなりたくない

賛同だ。我が家はベランダとバルコニーが二面に配置されているのと、長毛とも短毛ともいえない、あえて言えば中毛種が一匹いるため、床板はホコリと毛ですぐにざらつく。この暑さで窓を閉め切っておくわけにもいかず、猫に毛を落とすなというのも無理な話。そこにそもそもの大雑把な性格ものっかって、すっかりそれが日常の環境になっていた。もちろん掃除機くらいはかけている。Makita製を愛用しているが、これは小掃除にはもってこいの商品である。いつも充電しながら壁にたてかけてあるので、気になったらすぐに出動できる気軽さが、掃除嫌いの私を変えた。やはり道具は大切である。床板であれば吸引力も必要十分だが、紙パックの収納力が物足りないといったらやはり欲深いだろうか。

さて、大いに気をよくして先を読み進めていくと

けれど——毎日暮らしている場所だから、なるべくこぎれいにしておきたい

脳天にぶち刺さった。思わず何度も読み返し、口に出して読んでみると、さらに身に染みた。
沢村氏は「日に限らず、自分の都合にあわせて中掃除、小掃除をしている」という。掃除も自分の都合というのが気負ってなくていい。中掃除は「二、三日休みがつづくときを見計らって計画をたててする」。この小掃除と中掃除をしていれば、大掃除など必要ない。

さっそく掃除をはじめた。
床を磨き、ベランダを掃き、出番の少ない皿をしまって冷蔵庫を拭き、着古した服や後生大事にとっておいた使用未定のモノは捨てた。ついでにしまっていた砥石を流しの隅においておくことにした。包丁の小掃除化だ。包丁を洗うときに研いでしまえば、月に一度、汗だくですべての包丁を研ぐ必要もなくなるし、熟したトマトが切れないといったストレスもなくなる。

特にバルコニーに面した棚にへばりついたホコリは酷いもので、下段に収納していた出番の少ないフードプロセッサーは哀れな姿に変わり果てていた。
ここに置いておくかぎり、ホコリからは逃れることはできない。ただ置き場所はここしかない。でもいざ使うというときに洗ってから使うのは億劫だ。そこで台所の機械類にはカバーをつけることにした。ビニール袋でもよかったんだが見た目に貧しいので、使い古したIKEAの布巾を使うことにした。これも貧しいことに変わりはないが…。
掃除以上に裁縫は絶望的な手前なので小学生並の作品だが、誰にでもできる、機能は果たすという点では優秀だ。

f:id:Xphi:20170823145703j:plain

長方形の布巾を広げ、短い辺を折りたたみ、端を縫う。

f:id:Xphi:20170823145737j:plain

ついでにミルサーのカバーも縫った。

f:id:Xphi:20170823145819j:plain

長方形の布巾を広げ、長い辺を折りたたみ、端を縫う。

f:id:Xphi:20170823145752j:plain

ひとつずつ生活や持ち物を見直してみるのもなかなか面白いものである。なぜこれをもっているのか、なぜこれをここに置いているのか。すべてのモノに存在意義をもたせて認識してやることが掃除なのかもしれない。

朝食をとると調子が狂う

https://68.media.tumblr.com/b650f66e5992c90b0627e9450f7c7821/tumblr_oqccslwx2z1tvgyjgo1_1280.jpg

朝食は食べない主義なんだが、腹が減って目が覚めたある朝のこと。
連日、海外の友人を連れて慣れないアテンドをしていたからかなり疲れていたはずなのに、いったいどうしてしまったんだ。

白米を炊いてみそ汁をこしらえていると、背後に人の気配がする。
「なんかいい匂いだから起きちゃった」
そういうもんだろうか。なんとなく手を動かしているうちに、こんなメニューになった。

和食の朝食 Japanese-Style Breakfast

ご飯 Steamed Rice
豆腐とネギのみそ汁 Miso Soup with Tofu and Leek
出汁巻き玉子 Japanese Omelet
納豆 Natto(Fermented Soybeans)
海苔 Toasted "NORI" Seaweed
カブのぬか漬け Turnip Pickled in Salted Rice-bran paste

konpeito.hatenablog.jp

「朝ご飯食べると調子狂うね。昼飯時に腹が減らなくてさ〜」
わかる。安心せよ、たぶんつくるとしたら、一年後くらいだ。

お題「朝ごはん」

【夏至】おうち八寸

https://68.media.tumblr.com/ce75fc9177ec397f32d78cef7982dff7/tumblr_os53tjWQmG1qbz7lgo1_1280.jpg

2017年6月21日/太陽視黄経 90 度
陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧)

今年は去年に比べて雨の少ない梅雨だ。夏至を過ぎてから、降りそうで降らない東京の曇天。パソコンに向かっているだけでじっとり汗ばみ、そろそろポンコツになってきているのか、身体から熱がうまく放出されていないのがわかる。この時期クーラーなんてつけないのに、あまりの寝苦しさに昨夜はついに観念した。

今週から恒例の宮古島へ飛ぶので、冷蔵庫の整理をはじめる。残り物を思いついたまま調理していったら、こうなった。

沖縄はすでに梅雨明け。海で泳ぐのも楽しみだけれど、たくさん野菜を買ってこよう。レモングラスと唐辛子、それに島バナナを狙う。

夏至の八寸

https://68.media.tumblr.com/7c8e2c5a307081d3995777a9fc70aec1/tumblr_osh15vJOa61tvgyjgo3_1280.jpg

しりしりラペ(Okinawa-Style Carrot Rape)

ニンジンを油でじっくり炒めてから、オレンジジュース、フレンチマスタード、ビネグレットで和える。

ポテトサラダ(Potato Salad with Boiled Egg)

茹でたジャガイモを熱々のうちに潰して赤タマネギ、酢、ビネグレット、塩、マヨネーズなどで味をつけ、歯ごたえに醤油漬けのキュウリを入れる。半熟玉子がアクセント。

ピーマンの塩炒め(Stir-Fried Pepper)

赤と緑のピーマンを細切りにして塩で炒め、仕上げに胡麻油と胡麻をかける。

ナスの揚げ浸し(Deep-Fried Eggplants in Dashi Broth)

素揚げしたナスを出汁に浸けて冷やす。ミョウガを添えていただく。

焼きカボチャとチーズのサラダ(Roasted Pumpkin with Cottage Cheese)

オリーブ油と塩でマリネした一口大のカボチャをオーブンで焼き、熱いうちに粒マスタードとビネグレットで和える。粗熱がとれたらカッテージチーズとカボチャの種をざっくり和える。

茹で鶏をのせた冷や奴(Chilled Tofu with Boiled Chicken)

大葉に冷や奴をのせて、薄切りの茹で鶏、梅、山椒の佃煮をのせる。

二十四節気を食べる、おうち八寸

和食とは家庭料理である

日本には食材が溢れている。まったくありがたいことである。

農業の革新によって、夏の野菜は冬でも食べることができるし、その逆もまたしかり。世界中の食材が日本に集まり、TPPによってさらにそれは加速するだろう。ちょっと大げさかもしれないが、日本の食材は、季節も国境もなくなってしまったわけだ。

そんななか、2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことで、その流れが少しだけ押しとどまったような気がする。

「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」を、「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。*1

登録されたのは、「和食」という料理ではなく、「文化」であることに注目したい。文化とは、人々の日々の暮らしのなかから生まれるものから、日本の家庭料理こそが、和食といってもいいんじゃないか。

家庭料理に季節感を折り込むには、
どうしたらいいのか

農水省によれば、和食には4つの特徴があるという。

① 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

② 健康的な食生活を支える栄養バランス

③ 自然の美しさや季節の移ろいの表現

④ 正月などの年中行事との密接な関わり

この4つを踏まえた家庭料理をつくればいい。すべてなんとなく出来ているような気もするのだが、それにしても③のハードルが高いことよ。相当な人生の余裕がなければ、こんなことを考えながら日々の食事をつくれるはずがない。

ならば、毎日つくらなければいい。月に1度でも、2度でも、自分のペースでやればいいだけのことだ。ちょうど日本には、二十四節気という季節感を表した暦がある。月二回。これなら無理がなさそうだ。

さらには酒に合う食事ならば、言うことなしだ。

くつろぎのひと時、八寸

八寸は、会席の中盤あたりで提供される献立である。茶懐石では、一汁三菜の食事のあとに、主人と客が酒を酌み交わすときに出されるので、酒の肴といってもいいだろう。

旬の食材、それも海、山、里の幸を少量ずつ取りあわせた料理が、八寸(24cm)四方の盆(折敷:おしき)に盛って供されたことから、この名前がついた。

見た目にも美しい八寸は、作り手のこだわり、客への思いを表現する献立。ある程度の作り置きができるのも魅力のひとつだ。

晩酌が欠かせない我が家にとっては、ぴったりの家庭料理ではないか!

おうち八寸のルール

まずは一年を目標におき、自分のルールを書き出してみた。

二十四節気の暦にそって、月2回。

旬の食材を積極的にとりいれるべく、季節感をより敏感に感じられる二十四節気にそって実施する。

② 和洋中問わず、旬の食材を意識する。

和食にとらわれず、自分が食べたい調理をする。イタリアン八寸だって、中華八寸だっていいじゃないか。

③ お金をかけずに、気軽に手軽に。

季節の安い青物を、さっと茹でてお浸しにしたって、立派な八寸のひとつである。

おうち八寸

春分

konpeito.hatenablog.jp

konpeito.hatenablog.jp

清明

konpeito.hatenablog.jp

穀雨

konpeito.hatenablog.jp

立夏

konpeito.hatenablog.jp

小満 2016.05.20

芒種

konpeito.hatenablog.jp

夏至

konpeito.hatenablog.jp

konpeito.hatenablog.jp小暑

大暑

konpeito.hatenablog.jp立秋 2016.08.07

処暑 2016.08.23

白露 2016.09.07

秋分 2016.09.22

寒露 2016.10.08

霜降 2016.10.23

立冬 2016.11.07

小雪 2016.11.22

大雪 2016.12.07

冬至 2016.12.21

参考図書

プロのためのわかりやすい日本料理

プロのためのわかりやすい日本料理

 

 

 

 

鍋の蓋が壊れたら……割れ蓋に綴じボウル!

https://68.media.tumblr.com/c57ba79fbea8edc07e72a81cef80a9eb/tumblr_orsbgf0HYc1tvgyjgo4_1280.jpg

来客時にかぎってアクシデントはあるもので、先日は鍋の蓋が壊れてしまった。正確にいうと、持ち手の部分が溶けてポロリと落ちたのだ。

なんたることか! 愛用していたのは自立する鍋蓋で、ゆるやかなドーム状になっているものだった。複数の大きさの鍋にも対応するので、相当に酷使していたのは確かなんだが、こんな日に限って、参った。

アクアパッツァ用の魚はすでに手配済みである。ネットでは間に合わないので慌てて大手スーパーやホームセンターに駆け込んだ。 ウーウェンパンのようなドーム状の蓋があれば即買い! なんて思ってたが、考えが甘かった。そもそも30cmの蓋など売ってないのだ。

スーパーで途方にくれながら、大きなステンレスのボウルを鍋に合わせて「こういうのがほしいんだけど…」とぼやく。

「それで試してみたら?」

そのひと言で目が覚めた。なるほど、ボウルで代用できそうだ!

アクアパッツァは見事に出来上がった。ボウルの蓋は大成功したのだ。蓋のつまみは、iMacの液晶を剥がすときに使うバキュームリフターを使った。

https://68.media.tumblr.com/b364b895fff6d981ae6048643429c465/tumblr_orsbgf0HYc1tvgyjgo5_1280.jpg

このボウル蓋の利点はいくつかある。

ひとつには、中華鍋に簡易の蒸し器をしいて大きな魚を蒸したとしても、魚が鍋蓋に接触することがない。

もうひとつには、つまみが外せるので普段はボウルとして使用できるうえ、収納もボウルとしていつもの場所に重ねておけばいいのだ。

あれ、いいことずくめじゃないか?

唯一の問題点は、バキュームリフターの耐熱温度がわからないことだ。溶けてしまう可能性もあるので調理中は使わずに、蓋を開けるときにだけ瞬間的に使ったほうが無難だろう。

https://68.media.tumblr.com/b2bf8e6f73225566589758223d32c537/tumblr_orsbgf0HYc1tvgyjgo1_1280.jpg

耐熱の着脱式鍋つまみがあったらぜひにも欲しいんだが、どこか開発しないだろうか。というか、すでにあるなら教えてほしい。

あくまでも応急処置だが、もし突然、鍋の蓋が壊れたら試す価値はあるかもしれない。