mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

エビ味噌がとけた濃厚ソースがうまい、真冬のカタプラーナ

https://66.media.tumblr.com/c941b4830e127cd45b7a038b5184fbd8/tumblr_pmfybtdWRQ1tvgyjgo2_1280.jpg

冬の寒さもそろそろ底をつく頃だろうか。いま魚屋の売り場のほとんどを占めているのがマダラ。鍋用のぶつ切りで300円くらいだからついつい手が伸びる。
お買い得のアルゼンチン赤エビも手に入れて、カタプラーナにしよう。
konpeito.hatenablog.jp
エビ味噌の味を引き立たせたいので今回はトマトソースは使わない。エビ味噌がとけだした濃厚ソースにはミディアムボディの赤ワインがおすすめだ。

そういえば先日、「カタプラーナって便利なの?」という質問をいただいた。
「違う鍋で同じものを作れるかといえば、作れるんですけど、やはり銅の熱伝導の威力は感じますねー。鍋に材料入れたら、魚介の場合あっという間ですから。形はホームパーティ向けかも」
とにかく一品、腹に入れたい! という状況でも、10分くらい火を通せば出来上がってしまう料理なので、共働きなど忙しい人にこそうってつけの鍋だと思う。

マダラとアルゼンチン赤エビのカタプラーナ

材料

タラ 小さめ1尾 ぶつ切り
アカエビ 4尾
ニンニク 5片 たっぷりみじん切り
乾燥唐辛子フレーク 小さじ1
オリーブオイル 大さじ3
ワイン 100cc
塩・胡椒 適量
パクチー 山盛り 粗みじん切り
レモン 1/2個 好みで

つくりかた

  1. ぶつ切りのタラはよく洗って、塩をしておく。
  2. エビは頭と身を切り離す。身は殻をとって背わたを抜き、薄塩をしておく。
  3. コンロにカタプラーナをおいて、安定させる。
  4. 中火でオリーブオイルを熱し、唐辛子フレークを入れて香りを出す。
  5. ニンニクとエビの頭を入れてじっくり炒める。
  6. エビの頭に火が通ったら一度バットなどに引き上げ、次にタラの両面をさっと焼く。
  7. エビの頭を戻して、白ワインをいれたらカタプラーナの蓋を閉める。中火で5分蒸す。
  8. 蓋をあけてタラの上下をひっくり返したらエビの身を飾り付け、パクチーの半量をふりかけてさらに1分蒸す。
  9. 底からかき混ぜてソースを全体にいきわたらせる。塩見が足りなければ調整する。レモンを搾って食卓へ。