mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

食べる

【二十四節気を食べるおうち八寸】夏至の献立

2017年6月21日/太陽視黄経 90 度陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧) 今年は去年に比べて雨の少ない梅雨だ。夏至を過ぎてから、降りそうで降らない東京の曇天。パソコンに向かっているだけでじっとり汗ばみ、そろそろポンコツになって…

アレンジ無限大! 焼きなすの世界

これはバンコクでメキシコ料理レストランを経営しているシェフと五反田の居酒屋で飲んだときの話である。 「タイ人は、なんにでもナンプラーいれちゃうのよ」 「メキシカンでもナンプラー使ってるの?」 「まさか! 一度、タイ人の従業員がボウル一杯のナン…

【随時更新】Enjoy Cooking! 料理をたしなむ英単語

何十年ぶりかに、雑誌の定期購読を始めた。 「SAVUER」という料理雑誌なんだが、レシピはもちろん世界中の食材や食文化など、とにかく食に関する情報が満載だ。写真も美しいので眺めているだけでも楽しいわけだが、やはりレシピはちゃんと目を通したいところ…

くず野菜で市販の顆粒フォン・ド・ヴォーを格上げする

楽しいくず野菜の使いかた 毎日、毎日、生ゴミが出る。そろそろコバエの季節。生ゴミをためておくわけにもいかず、仕方なくしょっちゅうゴミ出しをすることになるんだが、これがめんどくさい。マンションだからまだマシだが、一軒家はいったいどうしているん…

The Silence of the Lambsー旬の食材ミルクラムを食べる

例年に比べると天気が安定しなかったが、五月にはいってすっかり気温は上がり、BBQシーズンの到来だ。昼間は暑いが、陽が落ちはじめると風がさらりと吹くし、雨も降らない。一年でもいちばん好きな季節だ。さて、先日は近所のジンギスカン屋にミルクラムが入…

中毒症状が止まらない! きらず揚げと大人のフォーチュンクッキー

どちらかといえば「おやつより飯」派なので、あまりおやつにこだわりはないんだが、いま中毒症状の出ている菓子がふたつある。 きらず揚げ おとうふ工房いしかわ きらず揚げ(マヨネーズ)posted with カエレバ おとうふ工房いしかわ Amazon楽天市場Yahooシ…

アレンジ無限大! ひよこ豆がうまい飯

ひよこ豆の塩煮使った簡単料理 ひよこ豆の塩煮がいちばん使用頻度が高い豆かもしれない。年中どんな料理でもいれられるから重宝している。ひよこ豆に合う食材をひとつあげろと言われたら、迷わずニンニク! と答える。相性抜群だ。 konpeito.hatenablog.jp …

手亡豆をおいしく食べる料理を考える

手亡豆の塩煮使った簡単料理 レシピというほどのものではないが、素材の組み合わせをいろいろと試してみるのは楽しいものだ。すべて手亡豆の塩煮を使っている。 konpeito.hatenablog.jp 春の豆のサラダ 豆×豆。空豆が出はじめたので、茹でて手亡豆と合わせて…

【暮らしの道具】石黒智子の重ね鍋でリスクヘッジする休日のスクランブルエッグ

我が家の台所は狭い。だからこの鍋を買った理由はひとつだ。重ねられて場所をとらないからである。直火で使える浅鍋と深鍋、そして穴あきのコランダーとボウルにガラスの蓋が付属している。直径14.5cmの小ぶりな鍋が届いたとき、「ボウルはいらないから、鍋…

【続】三ツ星『シェフ』を目指せ! キューバサンドイッチへの道⑤〜キューバブレッドを焼く

先日の記事でキューバサンドイッチは一度お休みしようと思っていたのだが、やはりキューバブレッドなるものが気になって眠れなくなってしまったので、焼いてみることにした。 参考にしたのは、前回紹介したFood WishesのシェフJohnのレシピだ。 foodwishes.b…

【二十四節気を食べるおうち八寸】春分の献立

2017年3月20日/太陽視黄経 0 度日天の中を行て昼夜等分の時也(暦便覧) 春分の八寸 豚バラ肉薄切りのチャーシュー https://55cooking.tumblr.com/post/159028480356/豚バラ肉薄切りのチャーシュー 玉蒟蒻 https://55cooking.tumblr.com/post/159028389176/…

三ツ星『シェフ』を目指せ! キューバサンドイッチへの道④〜ついに完食

そういえば、すっかりキューバサンドの記事が尻切れとんぼになっていたことに、先日気づいた。そもそも去年パソコンがクラッシュしてから、ブログを更新が滞り、食べたことすら忘れていた始末なので、後ればせながらご報告まで。前回は、肉を焼いたところで…

庶民のテリーヌ、SPAMポークランチョンミートと赤ワインの夜

お題「材料3つ以内ですぐできる酒のアテ」 GENさんのスパムステーキ 沖縄の県民食ポークランチョンミート、通称SPAM(以下スパム)。知りあった沖縄出身のハーフ美女は、実家では日々の食卓にかかせない食べ物だと説明してくれた。小ぶりで淡いその唇が、ス…

【二十四節気を食べるおうち八寸】大暑の献立

2016年7月23日/太陽視黄経 120 度暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧) 小暑のころ、メインで使っているiMacが壊れた。パソコンひとつないだけで、こんなにも無力感を感じるとは、まったく情けない。 そして、まだ梅雨はあけていない。というより…

【二十四節気を食べるおうち八寸】夏至の献立

2016年6月21日/太陽視黄経 90 度 陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧) 夏至に生まれた者としては、複雑なのである。 もっとも夏を謳歌する、てっぺんの喜ばしい日なのか、 冬にむかい陽が短くなっていく、打ち止めの日なのか。 さらに…

【二十四節気を食べるおうち八寸】芒種の献立

2016年6月5日/太陽視黄経 75 度芒ある穀類、稼種する時也(暦便覧) あっという間に小満は過ぎ去り、気づけば芒種になっていた。 逗子の花火大会へ行ったり、週に一度アルバイトを始めたり、猫が四歳の誕生日を迎えたりと、穏やかではあるがバタバタとした…

幻の珍魚、ギンポ(銀宝)が想定以上に美味かった!

この魚を知っている人は、釣り師か、さかなクンもびっくりの博識に違いない。 鰻のようだがなんだか短小、皮は鰈のような色をしている。どこに目があるかもわからないその面は、未確認生物ようだ。偶然に網にかかった深海魚なのか。 「これ、なに?」「あっ…

【二十四節気を食べるおうち八寸】立夏の献立

2016年5月5日/太陽視黄経 45 度夏の立つがゆへ也(暦便覧) GWにはいり、日増しに夏めいてきた。日中歩いていると、顔にあたる日差しが痛く感じるほどである。からっとした初夏の陽気がなんとも気持ちがよい。とはいえ、夕方になると急に空気が冷えてくるの…

三ツ星『シェフ』を目指せ! キューバサンドイッチへの道③〜ローストポークを焼く

ピンク色の豚肉は、人によっては敬遠する 引き続き、キューバサンドイッチについて書いていこう。友人が集まったので、ようやくキューバ風ローストポークを焼くことができた。以前の記事では、 240℃で10分、100℃で54分、アルミホイルにくるんで54分、中心温…

【おうち八寸】穀雨の献立

2016年4月20日/太陽視黄経 30 度春雨降りて百穀を生化すれば也(暦便覧) 暦のうえでは春の最終章。 例年、穀雨までに夏に使うハーブの種を蒔く。なぜこの時期かというと、雨が降るから、少々水やりをさぼろうともちゃんと発芽し、育ってくれるからだ。ずぼ…

三ツ星『シェフ』を目指せ! キューバサンドイッチへの道②

究極のしっとり柔らか目指したローストポーク 前回に引き続き、究極のしっとり柔らかなローストポークのつくりかたについて考えてみる。まずはジョン・ファブローによる、キューバサンドイッチのつくりかたを要約してみよう。 ジョン・ファヴローのキューバ…

三ツ星『シェフ』を目指せ! キューバサンドイッチへの道①

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」をみたら、キューバサンドが食べたくなった ふるさと納税で送られてきたのは、北海道は池田町、阿部農場の黒豚だ。ロース、肩ロース、モモ肉、バラ肉など総重量4.5kgのブロック。我が家二人と一匹では、ひとパック…

失敗した甘酒を救済する

失敗した甘酒は、捨てるべからず 前回、甘酒をつくったが盛大に失敗をしたという記事を書いた。あのときの落ち込みようといったら、言葉では表しきれない。甘くもない炊飯器いっぱいの甘酒を前に呆然と立ちつくし、涙するしかなかった。 失敗したとはいえ、…

米麹でつくる、俺の甘酒

甘酒は飲む点滴米麹 vs 酒麹 去年の冬から甘酒にはまっている。その起源は日本書紀の時代まで遡るというが、江戸時代には夏の栄養ドリンクとして親しまれ(甘酒が夏の季語とは勉強不足だった)、今ではその豊富な栄養から「飲む点滴」と称されるほどだ。 砂…

【二十四節気を食べるおうち八寸】清明の献立

2016年4月4日/太陽視黄経 15 度万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧) 先週末、目黒川沿いの桜が満開になったが、ここ数日は春の雨が続いている。 花曇りのなか歩く。今年は人手が多い。海外からの来客も多いようで、あちこちで聞き…

【二十四節気を食べるおうち八寸】春分の献立

2016年3月20日/太陽視黄経 0 度日天の中を行て昼夜等分の時也 昼と夜の長さがちょうど等しくなる季節の変わり目。今日から日に2分ずつ、昼が長くなっていく。 今年の桜前線はひねくれ者のようだ。東京が開花したあとに、九州の開花宣言。 日差しが温かいの…

躍るシロウオをどうやって喰うのか

粋な突き出しを出してくる店は、たいがいうまい。新宿のはずれにあるこの小さな寿司屋も例外ではない。 寒さが底をつく2月。いつもより少しだけ上等な、厚手の白いセーターを着て出かけた。目の前に置かれたのは、生きたシロウオ(素魚)だ*1。どうやら一足…

金平糖の科学

寺田寅彦のエッセイ『備忘録』によると、どのようにして金平糖があの毬栗のような姿になるのか、長らく解明されなかったらしい。 さらにいうと、その角の数を決める物理的因子がなにかというのも、長らく物理学上の摩訶不思議だったという。 金平糖について…

軍艦巻きという小宇宙

回転寿司のいろは ニュース番組と称したエンタメ番組が激安行列店を特集し、頭のてっぺんから足先にいたるまで一寸の隙もないレポーターが「おいしい〜」と笑顔でコメントする。プライベートじゃ絶対に行かないだろ、とやや卑屈につっこみながらも、これが今…