mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

大分産かぼっコリーでつくる山形の郷土料理「だし」

https://68.media.tumblr.com/5302450146a7d32c37f533ad95ed46dd/tumblr_ovi49qqD1p1tvgyjgo2_1280.jpg

Oisixオイシックス)という有機野菜の宅配業者のお試しセットのなかに、「かぼっコリー」という野菜が入っていた。
ブロッコリーとのかけ合わせかと勘違いしていたんだが、生で食べられるのが特徴の、大人の握り拳大の小さなカボチャである。皮も薄く、力をこめることなくサクッと包丁がはいった。一口食べてみると、その食感はまったく熟れていない柿のようだ。カリカリしていてカボチャ特有のクセも少なく、歯触りが軽やかで果物のようにみずみずしい。
www.oisix.com

こりゃ生で食べるしかない。山形名物の「だし」なんかどうだろう。だしはキュウリ、がごめ昆布(別称納豆昆布)、ナス、ミョウガなど夏の野菜がふんだんに入れた山形の郷土料理である。

https://78.media.tumblr.com/235b888889ee4240334d0f0e4355aa49/tumblr_inline_ocnnyveCD31qbouyg_1280.jpg

今回はキュウリの代わりにかぼっコリーを使いたい。一応使った材料は記しておいたけど、材料はなんでも、分量も適当で大丈夫。すべての野菜を調子よく刻んで、昆布といっしょに味見をしながら酢や醤油を加えていけばいい。味を濃いめにすれば漬物、薄めにすればサラダにもなる、うまみたっぷりの万能な野菜料理だ。

材料

かぼっコリー 1/4個 角切り
長ナス 1本 角切り
ミョウガ 1本 みじん切り
紫蘇 5枚 みじん切り
ショウガ 適量 千切り
がごめ昆布(納豆昆布) 細切りのものを三本指でひとつかみ  
小さじ1〜
出汁醤油 大さじ3〜 ※砂糖、醤油、みりんを適当に混ぜてもいいし、めんつゆでもいい

つくりかた

  1. 大きさをそろえて、すべての野菜を切る。ナスは塩水にしばらくつけて灰汁を抜き、手の平で水気をぎゅっと絞る。
  2. ボウルに刻んだ野菜、昆布、調味料を入れて菜箸でよく混ぜる。
  3. 落としラップをして冷蔵庫で味を馴染ませる。

https://68.media.tumblr.com/dbd447cf25d6b8a010480238fcdbddf4/tumblr_ovi49qqD1p1tvgyjgo1_1280.jpg

多めにつくったので、初日は冷や奴にかける。柔らかい絹豆腐とかぼっコリーの歯ごたえが軽妙だ。
すっかり馴染んだ次の日にはご飯にかけた。お茶漬けにしてもうまそうだ。

https://68.media.tumblr.com/f1205a7405016087e9e6a4bde81ce04a/tumblr_ovi49qqD1p1tvgyjgo4_r1_1280.jpg