mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

詰めない、茹でない、燻さない! 簡単皮なし自家製バルクソーセージ

https://68.media.tumblr.com/adfbfdda9ce95a52aebbfcc6b3363d50/tumblr_inline_okzp4eGp9T1qbouyg_1280.jpg

「皮なしソーセージってけっこう好きなんだ。たいしてうまくもないんだけど、うまいんだよ」
どっちだよ! と思わず突っ込みたくなるんだが、幼いころにアメリカで過ごしたK氏にとって、朝食に出てきた皮なしソーセージには並々ならぬ思いがあるらしい。

その名も「バルクソーセージ」。
腸詰めしない、茹でない、燻さない、もはやソーセージというより俵型の豚ハンバーグのような料理なんだが、この簡素さと見た目の歪さが、いかにもホームメイド。個を重んじるアメリカっぽさが表れているようで、K氏にぴったりの料理だと納得した。

バルクソーセージのおいしいポイントは、豚肉のタネに冷水をいれることだ。ソーセージを焼くとどうしても水分が蒸発してしまうので、あらかじめ補ってやることでジューシーな仕上がりになる。

ただしK氏いわく、これは「ジューシーすぎる」らしい。端っこがパサパサに乾いているソーセージ、それこそ本場のバルクソーセージなのだと彼は豪語する。よもや肉をジューシーに焼いて文句を言われるなんて思ってもみなかったが、まあ好みの問題だし、だからこそ思い出の味なんだろう。

今回は手軽にハーブ塩でつくったが、パプリカを入れたらチョリソーっぽくなるし、生のハーブを刻んでいれても風味がいい。

材料

豚ひき肉 400g 館ヶ森高原豚を使用
砂糖 小さじ2
ハーブ塩(塩) 8g 肉の分量の2%
コリアンダーパウダー 小さじ1/2
ニンニク 1片 すりおろす
黒胡椒 小さじ1〜
冷水 大さじ4

つくりかた

① こねる

ボウルにすべての材料をいれて手早くこねる。あたたかいと豚の脂が溶けだしてしまうので、私はもっぱら木べらを使っている。混ぜ終わったら冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。

② 肉を成形する

https://68.media.tumblr.com/e73ea60386099940f76e5162e624bb66/tumblr_opd03k7eIV1tvgyjgo2_r1_1280.jpg

サランラップに適量のタネをとり、押しつけるようにして長方形に成形する。手に水をつけておくと肉の手離れがいい。

https://68.media.tumblr.com/b3d13540691560f76f4bff1ac3b90df1/tumblr_opd03k7eIV1tvgyjgo3_r1_1280.jpg

折りたたんでソーセージ型に成形。サランラップの片端をねじり、空気を抜くようにしてもう片方の端もねじる。
あまりに細いと焼きづらいので、ある程度の太さがおすすめ。

④ 冷蔵庫で保存

https://68.media.tumblr.com/5597d31744f4a424eba0c4608ad738b9/tumblr_opd03k7eIV1tvgyjgo4_r1_1280.jpg

冷蔵庫で肉を休ませる。一晩おいても大丈夫。

③ 肉を焼く

https://68.media.tumblr.com/e36b1b002dc1a62689c6f2141ed21bfd/tumblr_ols3or58iq1tvgyjgo1_1280.jpg

サランラップを慎重にはがして、ソーセージを転がしながらこんがり焼く。

食べきれなかったバルクソーセージを応用する

バルクソーセージと菜の花のペペロンチーノ

https://68.media.tumblr.com/ac791964bc95a07fde34d8a202cd8897/tumblr_ols476IVE71tvgyjgo1_1280.jpg

季節の野菜とバルクソーセージのスープ

https://68.media.tumblr.com/aa25fe2cb137f57effcc9dd4233006ac/tumblr_opd03k7eIV1tvgyjgo1_1280.jpg

お題「思い出の味」