mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

中毒症状が止まらない! きらず揚げと大人のフォーチュンクッキー

どちらかといえば「おやつより飯」派なので、あまりおやつにこだわりはないんだが、いま中毒症状の出ている菓子がふたつある。

きらず揚げ

豆腐をつかったかりんとうのような揚げ菓子。かりんとうのように甘すぎることはなく、絶妙なあまじょっぱさとマヨネーズの風味に絶賛ドはまり中。
あまりに頻繁に買うので、家でつくってみようと何度か試みたが、いまだ失敗続き。ぜひレシピを知りたいものだ。
近くのスーパーではマヨネーズがなくなってしまい、仕方なく今はカレー味を買っている。

大人のフォーチュンクッキー

f:id:Xphi:20170519162803j:plain

きらず揚げばかり食べているとさすがに飽きる、そしてなにより太るので、その代わりにつくるようになった菓子。
なかしましほ氏のスマイルクッキーとほぼ材料は同じなんだが、こちらは塩気を強めにしてあまじょっぱいクラッカー目指し、型抜きもしない。スマイルの代わりにNGワードを書き、大人のための失笑クッキーに。
チーズとも相性抜群で、砕けばチーズケーキの型にも使えるはずだと思っていたが、素朴なあと引くうまさですぐになくなってしまうのだ。

材料

薄力粉 60g  
全粒粉 60g  
小さじ1/2  
BP 小さじ1/2  
太白胡麻油 大さじ2  
メープルシロップ 大さじ2 ノコミスNO1ライト使用。蜂蜜でも美味しかった

つくりかた

① オーブンを170℃に余熱する

天板にはクッキングシートをしく。

② 粉を合わせる

薄力粉、全粒粉、塩、BPを合わせる

③ 油を入れる

②に油を入れて、手ですり混ぜる。砂のような手触りになってくる。

④ 生地をまとめる

③にメープルシロップを入れて指先全体で手早く混ぜる。だんだんと粉がまとまってくるのでボール状にするのが。

⑤ 生地を伸ばす

プラスチックのまな板(柔軟性のある薄いものが扱いやすい)の上で生地を3mmの厚さに伸ばす。

⑥ 生地を切る

まな板をひっくり返すようにして、天板に生地をそっと移す。ここだけ少し神経を使うが、一度まな板から生地が離れだしたらペロンとはがれ落ちてくれる。
天板にのせた生地をピザカッターで好みの大きさに切り、フォークで穴をあける(ピケする)か、クッキースタンプを押す。

⑦ 焼く

オーブンで13分ほど焼く(15分だと焦げた!)。焼き上がったらラックで冷やして、クッキーを割る。
f:id:Xphi:20170519161847j:plain

鞠子の宿本舗 月ヶ瀬 むかごろう

f:id:Xphi:20170519162255j:plain

こちらはオマケ。土産でいただいて、とても気に入った和菓子だ。山芋の芽、むかごがはいっているんだが、このネーミングセンスがたまらない。屈強そうな名前とは裏腹に、こしあんの甘さはかなり控え目、非常に繊細な菓子だ。
生地の米粉にはとろろが練り込まれているようで、「ふわふわ」と「もっちり」を同時に実現しているところがすばらしい。

f:id:Xphi:20170519172201j:plain

そしてmoggyになんだか似ているのもポイント高い。
むかごろう | 鞠子の宿本舗 月ヶ瀬

今週のお題「おやつ」