mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

【暮らしの道具】石黒智子の重ね鍋でリスクヘッジする休日のスクランブルエッグ

f:id:Xphi:20170323145719j:plain

我が家の台所は狭い。だからこの鍋を買った理由はひとつだ。重ねられて場所をとらないからである。直火で使える浅鍋と深鍋、そして穴あきのコランダーとボウルにガラスの蓋が付属している。直径14.5cmの小ぶりな鍋が届いたとき、「ボウルはいらないから、鍋をもう一つ増やしてくれればいいのに」というのが率直な感想だった。ステンレスのボウルはすでにいくつか持っていたから、なかなか出番が回ってこなかったのだ。

浅はかだった。ボウルに土下座したい気分である。このボウルはたいへんに便利だったのだ。炊き味噌やカルボナーラといった、ちょっと火を通しすぎると後戻りできない料理の成功率がぐんと高くなったのである。湯煎することで火の通りが柔らかくなるので、素人の私でも焦ることなく調理に集中できる。

「ホテルのスクランブルエッグが食べたいなぁ」
すっきりとした青空の広がる清々しい日曜日の朝だった。さて、このボウルの出番である。

konpeito.hatenablog.jp

石黒鍋でつくる休日のスクランブルエッグ

https://68.media.tumblr.com/2aef513167d4cd081ebe2e4cb495fadb/tumblr_inline_ohjv3730AN1qbouyg_1280.jpg

材料

玉子 4個  
バター 20g もっと多くてもいい
生クリーム 大さじ2  
牛乳 大さじ2  
塩・胡椒 適量  

つくりかた

※石黒智子の重ね鍋の一番深いものとボウルを使う。

  1. 深鍋に湯を沸かす。
  2. ボウルに玉子、バター、生クリーム、塩をいれてよくかき混ぜる。
  3. 深鍋にボウルをのせ、湯煎しながらスパチュラでかき混ぜていく。
  4. 卵液がとろとろのいい具合になったら皿に盛り、好みで胡椒をかける。