mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

グアム飯をつくろう② 土鍋で炊くBBQチキンとチャモロレッドライス

https://68.media.tumblr.com/b3255a5a25225fed0aacb243c103863b/tumblr_ongjuwLG5a1tvgyjgo7_1280.jpg

レッドライスには、BBQした肉が合う。ただしBBQは思いついてすぐにできるような代物ではない。スパイスに漬け込んだ肉を、日がな一日蒸し焼きにしていく、手間はかからないが時間だけはとんでもなくかかる料理だ。低温でじっくりと焼いていくから、大きな塊肉はほろほろに柔らかくなる。

今からBBQをしようなんて、無謀だ。すでに日はとっぷりと暮れた。腹を空かせた男の目はだんだんと虚ろになってきているし、このままでは叛乱が起こりそう。そんなときにやおろずの神が囁いた。「肉と一緒に米を炊いちゃえば?」。きびすを返し台所へ駆け込み、鶏肉を包んだラップを引っぺがし、米を洗う。取り憑かれたように手を動かす。米を火にかけているあいだに副菜をこしらえ、炊きあがった土鍋を食卓にどんとおく。さぁ、飯だ!

死んだ魚の目は、土鍋の蓋をあけたとたんに生き返った。日本の炊き込みご飯と違うのは、肉を塊のまま入れてしまうことで、米料理という枠を越えて肉料理と重なる点だろう。ピットマスター気取りで肉を切り分け、レッドライスの上にのせる。空っぽの胃に刺激を与えるべく、ここはあえて大げさに演出だ。さぁ、辛いフィナデニソースをたっぷりつけて、食べるがよい。

「なんだかわからんけど、これうまいよ」

みるみるうちになくなっていく釜の飯。育ち盛りのおっさんを目の前に、安堵と疲れがどっと押し寄せた日曜日の夜。

材料

レッドライス    
 米 2合(360cc)  
 水 2合分(400cc) 手持ちの炊飯器による
 タマネギ 1/4個 みじん切り
 ニンニク 1/2片 みじん切り。お好みで
 アチョーテパウダー 小さじ2  
 ベーコン 適量 お好みで
レッドライスの調味料    
 塩 小2/3  
 コリアンダーパウダー 小さじ1/4 お好みで
 オリーブオイル 小さじ2  
BBQチキン    
鶏モモ肉 250〜300gを1枚  
 塩 小さじ1/2  
 砂糖 小さじ1/3  
 パプリカ 小さじ1/4  
 コリアンダー 小さじ1/4  
 ブラックペッパー 小さじ1/4  
 ガーリックパウダー 小さじ1/4  
 クミンパウダー 小さじ1/4  
 レモン汁 小さじ2  
フィナデニソース 好きなだけ つくりかたはこちらへ

つくりかた

  1. BBQチキンの調味料をすべて混ぜ、鶏肉全体にすりこみ、(できれば)数時間置いておく。米を洗い、ざるにとって水気を切る。米2合分の水にアチョーテパウダーを丁寧に溶かす。https://68.media.tumblr.com/3e3f480a5e4d33aafe1b53031d27d8dc/tumblr_ongjuwLG5a1tvgyjgo1_1280.jpg
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、タマネギとニンニクを炒める。分量外の塩をひとつまみ入れ、水分をとばしながら焦がさないように炒める。猪の肉があったのでみじん切りにして一緒に炒めた。https://68.media.tumblr.com/093bb67f5d09445207d67a22c91e1f5c/tumblr_ongjuwLG5a1tvgyjgo3_1280.jpg
  3. 鶏肉を皮面から強火で焼く。完全に火を通す必要はないが、しっかりと焦げ目をつけていく。
  4. 土鍋に、①、②、③を入れてよく混ぜ、焼いた鶏肉をおく。https://68.media.tumblr.com/a3929f8c841b0b50fffb09ae042c7ec0/tumblr_ongjuwLG5a1tvgyjgo4_1280.jpg https://68.media.tumblr.com/34ce158e32ba2b314103608ca67e0928/tumblr_ongjuwLG5a1tvgyjgo5_1280.jpg
  5. 飯を炊く。https://68.media.tumblr.com/6b69e74689a41e5c721e5b27e5a536d9/tumblr_ongjuwLG5a1tvgyjgo6_1280.jpg
  6. レッドライスを皿に盛り、一口サイズに切った鶏肉をのせる。フィナデニソースをたっぷりかけて食べる。

konpeito.hatenablog.jp

使った調理器具

たった12分の火入れで飯が炊ける魔法の土鍋。しかも、米が断然うまい。もともと友人にプレゼントしてもらったものだが、不注意で一度蓋を割ってしまった。だが、長谷園の公式サイトでは、蓋、内蓋、本体が別売りしているので、蓋だけリピート。日本の技術の粋が詰まったすばらしい土鍋である。

konpeito.hatenablog.jp