mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

グアムで食べるナポリピザ—クラスト(CRUST Pizzeria Napoletana Guam)

f:id:Xphi:20170207223116j:plain

グアムに釜焼きナポリピザが上陸!

十数年前、タモン地区のイタリアンで、夕食をとったことがある。

残念ながら・・・・・・残念な味だった。

イタリアと東京以外でイタリアンを食べてはいけない。もちろんイタリアに近いヨーロッパであってもだ。

何度も痛い目にあったにもかかわらず、なぜわざわざグアムでピザを食べようと思ったのか。それは、薪オーブンの窯があったからだ。

おいしいピザ、特にナポリピザの鉄則は、粉と水とトマトソース、そして焼く温度にある。窯内が400℃に達しないと、ピザ生地は短時間でふっくらもっちりと焼けない。材料は手に入るが、この温度だけは自宅で再現できない。だからこそ、窯焼きピザには価値があるのだ。

無料送迎で陽気にイタリアン

レンタカーを返却して、パシフィックスター・リゾート&スパのロビーで待つこと10分。迎えのマイクロバスがやってきた。

宿泊しているホテルは山の上なのだが、レンタカー屋から一番近いホテルに無料送迎を頼んだのだ。ワインを飲みたかったし、宿泊先はかなり離れているから、これはとてもありがたいサービスである。

バスを発車させるやいなや、ラジオDJさながらに、日本語と英語をまじえてしゃべり出す運転手。音楽活動をしていて、日本の歌が大好きなのだ。聞けばおじいさんが日本人だというから、納得。

車内は彼の独壇場。陽気な彼のペースにのせられて、あっという間に店に到着。

f:id:Xphi:20170207230032j:plain

グアムで食べる、ナポリピザ

店内は横に広く、黒とウッド調の落ち着いた色合いだ。入って右手はバー、左手が食事スペースになっている。中央には窯が据えてあり、その手前がオープンキッチンになっているので、より広く感じるのだろう。

メニューを見ると、ピザは2種類ある。ナポリ・スタイルとカリフォルニア・スタイルだ。今回は、ナポリピザを注文することに決めていた。

周りを見ると、ピザはかなり大きい。これにサラダとメインを頼んでしまうと、二人分としては多すぎる。メインは諦めて、前菜にしておこう。

ワインはカリフォルニアのピノノワールだ。

ケールとルッコラのシーザーサラダ(KALE & ARUGULA CAESAR, $12)

f:id:Xphi:20170207232747j:plain

ケールのサラダといえば、キッチン リンゴ(Kitchen Lingo)を思い出す。とろとろの半熟の玉子がのった、あれだ。

結果からいうと、ケールのサラダはキッチン リンゴに軍配があがった(もちろん好みもあるが)。ドレッシングがかなりもったりしているのと、アンチョビのような風味がいささか強い。ケール自体の美味しさというより、ドレッシングを食べさせるといった感じだろう。

とはいえ、大ぶりの葉がしっかりしたケールは、食べ応えもあり美味しかった。

ギガンテ・ミートボール(GIGANTE MEATBALL, $12)

f:id:Xphi:20170207234957j:plain

「これ、前菜か・・・・・・?」と顔を見合わせた一品。

握り拳ほどあるミートボールが、ゆるいクリーム状のポレンタに浮いている。濃厚なボロネーゼソースがぴったりだ。ふんわりとした肉の食感が食欲をそそる。

だがやっぱりこれは、メイン料理といってもいいほどのボリュームだ。

ブルスケッタ(BRUSCHETTA, $7)

グアムに行くと、かならず手にとるフリーペーパーが「ISLAND TIME it」だ。誌面のほとんどは広告でそれほど代わり映えしないが、目新しいものがないかと必ず目を通すことにしている。

f:id:Xphi:20170207235728j:plain

そこで見つけたのが、「ピザ(1枚)注文の方にブルスケッタを無料でサービス」という広告だ。

「旅の恥はかきすて」という言葉は好きじゃないが、思い切って尋ねてみると、快く応じてくれた。

このブルスケッタ、かなりの実力派だった。

通常のブルスケッタは生のトマトを使うが、これは焼きトマトなのだ。チーズもしっかりとしているので、とろっとしたミニトマトバルサミコの相性が抜群。もはやピザなんじゃないか、とも思うのだが、ブルスケッタの新境地をみた。

ブルスケッタの教訓。「フリーペーパーには必ず目を通すべし」だ。

マルゲリータ(Margherita, $14)

f:id:Xphi:20170208000121j:plain

満を持してナポリ生地のマルゲリータが登場。

大きさはあるものの、生地は薄いので、想像より軽く食べられる。食感はナポリのそれよりはさくさく感が強く、もちもち感が劣る。逆に言えば、ナポリピザよりもパンピザのほうが好きな人には、調度いい塩梅ではないだろうか。

チーズとバジルがもう少し多いと嬉しかったものの、スタッフのホスピタリティも含め、満足度の高い夕食だった。もちろん、すべてきれいに完食。

なお、CRUSTは15%のサービス料がかかることも追記しておこう。チップはいらないのかもね(払ったけど)。

Information

場  所:356 Marine Corp Drive Trinchera Place Hagåtña, Guam 96913

営業時間:月曜〜日曜日 11:00〜22:00

無料送迎あり。Facebookはこちら