mogu mogu MOGGY

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

咲きも残らず 散りもはじめず〜桜の季節を表す日本の言葉

f:id:Xphi:20160405173544j:plain

桜がすっかり満開になったというに、ここ最近は雨が降ったりやんだり。それでも日本人は、あらゆる言葉を駆使して桜を愛でる。

謡曲鞍馬天狗」にこんな一節がある。

一筆啓上せしめ候

古歌にいはく

今日見ずは くやしからまし 花ざかり

咲きも残らず 散りもはじめず

和歌や俳句でいう「花」とは、桜のことを表す季語である。つまりこの歌は、

ちょうど桜の見頃、満開ですよ。今見なければ、きっと後悔するよ。だからすぐに見にいらっしゃいという、花見の誘いをしたためた花便り(手紙)だ。

雨が降ろうが槍が振ろうが、やっぱり見ておかないとしっくりこないのが、日本人にとっての桜なのだろう。

どんなに負の要素があろうとも、そこに「美」を見いだしてしまう大和魂のこもった花の言葉を集めてみた。

花の雨(はなのあめ)

桜の花に降る雨、または桜の咲く頃に降る雨のこと。

f:id:Xphi:20160405152857j:plain

花曇り(はなぐもり)

桜の咲く頃の曇天のこと。

f:id:Xphi:20160405153833j:plain

花冷え(はなびえ)

桜の咲く頃の急激な冷え込みのこと。

f:id:Xphi:20160405154027j:plain

花時(はなどき)

桜の花の盛りのころ

f:id:Xphi:20160405154431j:plain

花筏(はないかだ)

桜の花が散って花びらが水面を流れていく様子。つまり、晩春にさしかかる。

f:id:Xphi:20160412144646j:plain

 

広告を非表示にする