読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

ホッキ貝と九条ねぎのぬた

おうち八寸-つくる

f:id:Xphi:20160323232134j:plain

「今日はこのホッキ貝でしょ」

手の平ほどもある貝を自慢げに見せる魚屋のおじさん。北では、ホッキ飯にするという。はまぐり、アサリ、青柳。春分二枚貝の季節だ。九条ねぎも手に入ったから「ぬた」にしよう。

ぬたは母の十八番である。

何度かつくりかたを尋ねたが、そのたびに彼女は、目分量ですり鉢に味噌やら砂糖をいれ、摩っていく。味見を重ねては砂糖をいれる。すり鉢が動かないように手でおさえながら、その砂糖の量に驚いた。

店では卵黄を入れていると思うが、母はいれない。というのも、昔は玉子が苦手だったからだ。これも家の味だということで、納得している。卵黄をいれたほうが、もちろんリッチに仕上がるが、日持ちはしないだろうし。

殻の皿に桜色の身を盛って、春を待つ。

https://55cooking.tumblr.com/post/141534468946/ホッキ貝と九条ねぎのぬた

konpeito.hatenablog.jp