読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

二十四節気を食べる、おうち八寸

おうち八寸

和食とは家庭料理である

日本には食材が溢れている。まったくありがたいことである。

農業の革新によって、夏の野菜は冬でも食べることができるし、その逆もまたしかり。世界中の食材が日本に集まり、TPPによってさらにそれは加速するだろう。ちょっと大げさかもしれないが、日本の食材は、季節も国境もなくなってしまったわけだ。

そんななか、2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことで、その流れが少しだけ押しとどまったような気がする。

「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」を、「和食;日本人の伝統的な食文化」と題して、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。*1

登録されたのは、「和食」という料理ではなく、「文化」であることに注目したい。文化とは、人々の日々の暮らしのなかから生まれるものから、日本の家庭料理こそが、和食といってもいいんじゃないか。

家庭料理に季節感を折り込むには、
どうしたらいいのか

農水省によれば、和食には4つの特徴があるという。

① 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

② 健康的な食生活を支える栄養バランス

③ 自然の美しさや季節の移ろいの表現

④ 正月などの年中行事との密接な関わり

この4つを踏まえた家庭料理をつくればいい。すべてなんとなく出来ているような気もするのだが、それにしても③のハードルが高いことよ。相当な人生の余裕がなければ、こんなことを考えながら日々の食事をつくれるはずがない。

ならば、毎日つくらなければいい。月に1度でも、2度でも、自分のペースでやればいいだけのことだ。ちょうど日本には、二十四節気という季節感を表した暦がある。月二回。これなら無理がなさそうだ。

さらには酒に合う食事ならば、言うことなしだ。

くつろぎのひと時、八寸

八寸は、会席の中盤あたりで提供される献立である。茶懐石では、一汁三菜の食事のあとに、主人と客が酒を酌み交わすときに出されるので、酒の肴といってもいいだろう。

旬の食材、それも海、山、里の幸を少量ずつ取りあわせた料理が、八寸(24cm)四方の盆(折敷:おしき)に盛って供されたことから、この名前がついた。

見た目にも美しい八寸は、作り手のこだわり、客への思いを表現する献立。ある程度の作り置きができるのも魅力のひとつだ。

晩酌が欠かせない我が家にとっては、ぴったりの家庭料理ではないか!

おうち八寸のルール

まずは一年を目標におき、自分のルールを書き出してみた。

二十四節気の暦にそって、月2回。

旬の食材を積極的にとりいれるべく、季節感をより敏感に感じられる二十四節気にそって実施する。

② 旬の食材を意識して、和洋中問わず、奇数品目をつくる。

和食にとらわれず、自分が食べたい調理をする。イタリアン八寸だって、中華八寸だっていいじゃないか。

③ お金をかけずに、気軽に手軽に。

季節の安い青物を、さっと茹でてお浸しにしたって、立派な八寸のひとつである。

おうち八寸の予定

春分 2016.03.20

konpeito.hatenablog.jp

清明 2016.04.04

konpeito.hatenablog.jp

穀雨 2016.04.20

konpeito.hatenablog.jp

立夏 2016.05.05

konpeito.hatenablog.jp

小満 2016.05.20

芒種 2016.06.05

konpeito.hatenablog.jp

夏至 2016.06.21

konpeito.hatenablog.jp小暑 2016.07.07

大暑 2016.07.22

konpeito.hatenablog.jp立秋 2016.08.07

処暑 2016.08.23

白露 2016.09.07

秋分 2016.09.22

寒露 2016.10.08

霜降 2016.10.23

立冬 2016.11.07

小雪 2016.11.22

大雪 2016.12.07

冬至 2016.12.21

参考図書

プロのためのわかりやすい日本料理

プロのためのわかりやすい日本料理