読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

【随時更新中】メイド・イン・グアムの土産(フード編)

TRAVEL グアム 食べる

f:id:Xphi:20160208180645j:plain

グアムでメイド・イン・グアムの土産を探すのは、なかなか骨が折れる。

いや、そもそも土産を探すという行為が、ひたすら面倒臭い。毎度Kマートやペイレスを行ったり来たりするのも非常に効率が悪いといものだ。

そこで、グアムプロダクトシール(Guam Producat Seal)が貼られたグアム政府が認定する商品を参考に、メイドイングアムの食べ物を集めておく。これで土産を求めて島内を迷走せずにすむかもしれない。

マンゴー コンフィチュール(Confiture Mango)

f:id:Xphi:20160201210442j:plain

カフェ キャット クレア(Café @ Crea)で購入できる。

konpeito.hatenablog.jp

レッド・ママ(RED MAMA)

f:id:Xphi:20160208180354j:plain

マイルドと、より辛い「プラス」の2種類がある。カフェ キャット クレア(Café Cat Crea)で購入可能。

konpeito.hatenablog.jp

ツナジャーキー(GUAM TUNA JERKY)

f:id:Xphi:20160208180439j:plain

Kマートのビーフジャーキーコーナーで見つけ、甘いものが苦手で酒好きの友人に購入した。

スパイク(SPIKE)

https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e15/10611031_1452311148347931_1292723012_n.jpg

グアムで育ったコーヒー豆。Pika's Cafe、Proa、Meskla、The Deli Meskla、Port of Mocha、Tuam Tasa、Guam Gift Basket、Leo Mart(レオパレスリゾートグアム内)、Two Lovers Point Gift Shopで購入できる。

「コールド・ブリュー(Cold Brew)」というアイスコーヒーのほか、ノニ、サワーサップ、グアバなどのオーガニック茶葉なども展開しているという。

ミナゴフ(Minagof)

日本人ブルワーの石井敏之氏がつくるクラフトビール、ミナゴフ。現在島内の14箇所で飲むことができるほか、工場で見学や試飲もできるようだ。 ISHII BREWING COMPANYのサイトはこちらへ

ピカ・ジェリー(Pika Jelly)

ル・タシ・ベーカリー(Le Tasi Bakery)がつくっているゼリー状の唐辛子。ジャムという位置付けに近いか。「ピカ(PIKA)」は、チャモロ語で「辛い」という意味だ。トーストにのせるとうまいらしいが、クリームチーズなども合いそうだ。

クッキー編

おそらく、グアムの土産物でいちばん人気があるのがクッキーだろう。どんどん新しいクッキーがでてくるから、食べ尽くすのはけっこう大変かも。

チャモロ チップ クッキー(Chamoro Chip Cookies)

f:id:Xphi:20160208181059j:plain

塩加減が絶妙な歯触りの良いクッキー。機内食でも出されるほど定番中の定番か。

ココジョーズ クッキー(Coconut-Macadamia Cookies)

「グアムベストクッキー」をうたうCoCO-Jo's。チョコレートチップ、マカデミアンナッツが人気。最近ではAmazonでも売っている。

グズリア(TITA'S Guguria)とティタ ジュニア(TITA Jr.)

グズリアはティタ・ベーカリー(TITA'S Bakery)がつくるチャモロ伝統のお菓子。ココナッツのはいったグアム版かりんとういえばわかりやすいか。

そしてティタおばあさんの娘がつくるチャモロクッキーが、ティタジュニア(TITA Jr.)だ。色んな意味合いで、伝統的。実物はウィークリーグアムに詳しい。

weekly.visitguam.jp

エブリシング グアム(Everything Guam)のアソートクッキー

https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/1457604_222612651245514_561932277_n.jpg?oh=bf51b018a54ceebfd8a9de54658d2be5&oe=57310686

ロスケッティ(Rosquete Cookies)

ディンガズ キャンディ(Dinga's Candies)がつくるココナッツのような楕円の形をした、型押しクッキー。

子供には南国らしい花やラッテストーンを模した同社のロリポップキャンディは喜ばれそうだ。

シーグリルレストラン(Sea Grill Restaurant)のフィナデニソース(Finadene)

フィナデニソースは、醤油、酢、レモン、玉ネギ、唐辛子などがはいったグアム伝統のソース。焼いた肉や魚、フライドライスから玉子まで、何につけてもおいしい万能ソースである。2015年にリニューアルして、価格は1本$7.50。

www.gvb.com

ディナンシェ(Denanche)

唐辛子のペースト。肉料理や魚料理などに合う。Everything Guamやル・タシ・ベーカリー(Le Tasi Bakery)のものが、グアム政府公認の商品のようだが、スティル スモーキン(still smokin')のものも気になる。

チチャロンとクラックリング(Chicharons & Cracklings)

両者ともに、豚の皮を揚げたスナックだ。グアムの友人にすすめられたが、かなり脂っこい。ビール好きの土産にはよさそうだ。

ポップコーン

フレーバーのついたグルメポップコーン。写真は、製造元のグルメ グアム(Gourmet Guam)より。

http://www.gourmetguam.com/images/b2c5d10c926a6393ced6e922ce08f8bc.jpg

チョコレート編

最近は、中国製、オーストラリア製、ハワイ製のチョコレートがグアムに反乱しているので、生産場所はよく確認しておいたほうがいい。

アメリカン チョコレート ファクトリー(American Chocolate Factory)

THE 土産物ちっくなパッケージ。会社の給湯室におくとちょうどよさげ。マカデミアンナッツがおすすめ。

チャモロホスト(Chamorro Host)

チャモロビレッジ内の工房で手作りされたチョコレート。手作り感がすさまじい。

パイナップル&マンゴケーキ

確認中。