読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

父の愛が溢れる甘いドーナツ—ダディーズ ドーナツ ショップ(Daddy's Donut Shop)

TRAVEL グアム 食べる

f:id:Xphi:20160124025945j:plain

ドーナツはカリカリ派? ふわふわ派?

ドーナツにあまりこだわりはないんだが、あえて言うなら、ミスタードーナツのオールドファッションが好きだ。外側のカリカリした食感と、重量感のある生地が、これぞドーナツの王道。

と思っていたのだが、いい意味で期待を裏切られたのが、ダディーズ ドーナツ ショップ(Daddy's Donut Shop)である。

焼きたてふわふわ、カラフルドーナツ

f:id:Xphi:20160124135838j:plain

ダディーズでは、基本の生地は同じだが、フレーバーで変化をつけている。

プレーンのほか、イチゴ、チョコレート、チーズケーキ、タロイモ、抹茶など、日替わりでさまざまなグレーズを楽しむことができる。

揚げたてのせいか、これまで食べたことがないほど軽い。シンプルな生地自体の甘さは控え目だが、グレーズがしっかりとそれを補っているのでコーヒーとの相性は抜群。ペロリと胃に収まってしまった。これならもう一つくらい食べられそうだ。

1つ$1.69。12個入りで$12.69だが、その日は$9.99になっていたせいか、次々に客がはいってくる。

ダディーの秘密

f:id:Xphi:20160124031528j:plain

 隣のテーブルに座る男の子は、先ほどから足をバタバタしながら落ち着かない。母親がドーナツを注文するのを見守っているのだ。

チョコレートのドーナツが運ばれてきたとたん、椅子から転げ落ちそうなほど興奮する彼。そしてカラフルなチョコスプレーを盛大にぶちまける。

f:id:Xphi:20160124031920j:plain

それは甘すぎやしないか!

横目で見ているこちらの頭がキーンとしてくるが、彼流の食べ方に文句はつけられまい。先ほどとはうって変わって、満面の笑顔だ。

ウィークリーグアムによれば、ダディーズはもともとお父さんが子供のために作っていたドーナツが巷で評判になり、お店になってしまったらしい。

さすがダディー、子供心をつかんでらっしゃる。

f:id:Xphi:20160124031756j:plain

お腹もほどよく満たされたので、さあ海へくりだそう。

カーラジオをつけると、Daddy's Donuts のCMが流れてきた。ドーナツ御殿が建つ日も近いな。

Information

108 Unit B Sereno Ave. Tamuning, Guam 96913

営業時間:月〜金曜日 6:30〜14:30

     土曜日   8:00〜16:00

     日曜日   8:00〜12:00

駐車場あり

www.facebook.com