読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mogu mogu MOGGY

時速1kmの思考

三陸茎ワカメの酢醤油漬け

三陸の茎ワカメがスーパーに並んでいた。規格外のワカメらしいが、なんだかこちらが申し訳なくなるほど安い。 ご飯に混ぜたり、油で炒めたり、汁物にいれたり・・・・・・ここ最近は茎ワカメととともに暮らしているといっても過言ではない。 今日はさっぱりと酢醤…

ホッキ貝と九条ねぎのぬた

「今日はこのホッキ貝でしょ」 手の平ほどもある貝を自慢げに見せる魚屋のおじさん。北では、ホッキ飯にするという。はまぐり、アサリ、青柳。春分は二枚貝の季節だ。九条ねぎも手に入ったから「ぬた」にしよう。 ぬたは母の十八番である。 何度かつくりかた…

高知県・越知産の三つ葉香る温泉玉子

ふるさと納税で、高知県は越知という町から送られてきた三つ葉。 スーパーで売っている三つ葉よりも、みずみずしく、青々としていて、香りが強い。実はこの香り、ちょっと苦手だったりする。 春の息吹が感じられるよう、温泉玉子にそっとのせる。 久々に口に…

【おうち八寸】春分

2016年3月20日/太陽視黄経 0 度日天の中を行て昼夜等分の時也 昼と夜の長さがちょうど等しくなる季節の変わり目。今日から日に2分ずつ、昼が長くなっていく。 今年の桜前線はひねくれ者のようだ。東京が開花したあとに、九州の開花宣言。 日差しが温かいの…

二十四節気を食べる、おうち八寸

和食とは家庭料理である 日本には食材が溢れている。まったくありがたいことである。 農業の革新によって、夏の野菜は冬でも食べることができるし、その逆もまたしかり。世界中の食材が日本に集まり、TPPによってさらにそれは加速するだろう。ちょっと大げさ…

便器大国ニッポンの、奥深き便器の世界

By 浪速丹治 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=43882203 三軒茶屋にあるタイ料理店で呑むことになった。メンバーは一人をのぞいて初対面だったので、どうなることかと緊張していたが、話は盛りあ…

躍るシロウオをどうやって喰うのか

粋な突き出しを出してくる店は、たいがいうまい。新宿のはずれにあるこの小さな寿司屋も例外ではない。 寒さが底をつく2月。いつもより少しだけ上等な、厚手の白いセーターを着て出かけた。目の前に置かれたのは、生きたシロウオ(素魚)だ*1。どうやら一足…

金平糖の科学

寺田寅彦のエッセイ『備忘録』によると、どのようにして金平糖があの毬栗のような姿になるのか、長らく解明されなかったらしい。 さらにいうと、その角の数を決める物理的因子がなにかというのも、長らく物理学上の摩訶不思議だったという。 金平糖について…

グアムの絶品ソース、フィナデニの奥義

フィナデニとは、醤油に酢(もしくは柑橘類の果汁)、唐辛子、タマネギなどを混ぜ合わせたグアムのソースである。唐辛子のはいったポン酢といえばわかりやすいだろうか。肉、魚、米とあらゆる料理に合う万能ソースなのである。(写真は Linda's Coffee Shop …

パンに練り込まれた家族の伝統—メインストリート デリカテッセン & ベーカリー(MainStreet Delicatessen and Bakery)

大きなガラス製のジャーにぎっしり詰まったクッキー、大小さまざまなドームに鎮座するマフィンやスコーン。古き良きグアムにタイムスリップしたかのような、アットホームな雰囲気と甘い香りに、昨日食べたステーキのことはすっかり忘れたかのように、腹が鳴…

【随時更新中】メイド・イン・グアムの土産(フード編)

グアムでメイド・イン・グアムの土産を探すのは、なかなか骨が折れる。 いや、そもそも土産を探すという行為が、ひたすら面倒臭い。毎度Kマートやペイレスを行ったり来たりするのも非常に効率が悪いといものだ。 そこで、グアムプロダクトシール(Guam Prod…

ファミリー ビーチ(Fammily Beach)

グアムで毎朝考えるのは、今日はどこで潜るかということ。 カフェクレアキャットでブランチをとりながら、地図を広げる。 「ファミリービーチはもう行った?」 オーナーにそう言われ、地図を捲る。崖のような地底に添って点在する珊瑚もとても美しく、比較的…

軍艦巻きという小宇宙

回転寿司のいろは ニュース番組と称したエンタメ番組が激安行列店を特集し、頭のてっぺんから足先にいたるまで一寸の隙もないレポーターが「おいしい〜」と笑顔でコメントする。プライベートじゃ絶対に行かないだろ、とやや卑屈につっこみながらも、これが今…

シャーリーズ コーヒーショップ(Shirley's Coffee Shop)

シャーリーズのステーキをベッドで食らう グアムでテイクアウトは常識。昔はちとゆるかったようだが、いまでは飲酒運転は厳禁だ。 ホテルは繁華街からかなり離れた山のなかなので、グアム滞在中はどうしても車が欠かせないのだが、一番困るのは、夕食でお酒…

グアムで食べる、本場ドイツの味—マック クラウツ(MC Kraut’s)

淡路島より少し小さいグアムは、ペーパードライバーにとってはちょうどいいリハビリになる。繁華街をちょっと抜ければ、交通量は一気に減るので、景色を眺め、風を感じながらのんびりと島内を運転すると、気分は上々だ。 一日一周。レディ・ガガのCDを大音量…

トルネードのレトロ(RETRO)に三菱鉛筆の替え芯SXR-200-05を装填

書けないボールペンはただのゴミ このボールペンをもらったのは、10年以上前に初めて就職した会社を卒業したときだ。 初めて手にする高価なボールペンに高揚し、転職した先でもずっと使っていたのだが、ここしばらくはすっかりその存在を忘れていた。 という…

魔性の辛さ、トムヤムクン麺—マイ タイ(Mai Thai)

繁華街から離れた場所に拠点を据えると、どうしても夕飯難民になりがちだ。今夜もサウス・マリン・コア・ドライブを右往左往し、たどり着いたのはGPOにほど近いHafa Adai Exchange。うす暗い駐車場のような場所で、少し気味が悪い。 目当てのレストランが見…

笑顔のシナモンロール—カップ & ソーサ(Cup & Saucer)

日本人的シナモンロール文化 シナモンロールといえば、一時期、日本でも人気を博したシナボン(Cinabon)を思い出す。2000年当時は飛ぶ鳥を落とす勢いで次々に東京に進出していた。 初めて食べたシナボンは、たしか自由が丘店だった。あの長蛇の列に堪えられ…

お祭り気分でフィエスタプレート—テリーズ ローカル コンフォート フード(Terry's Local Comfort Food)

水曜日はチャモロビレッジで夕飯を グアムの毎週水曜日の楽しみといえば、チャモロビレッジのナイトマーケットだ。夕涼みついでに夕飯、そして腹ごなしにぶらつくには、もってこいのイベントだ。 たくさんの露店が並ぶなか、グアム在住の友人が一押しするの…

リティディアン・ビーチ (Ritidian Point)

グアム屈指の透明度!天国に一番近いリティディアン・ビーチ グアムを訪れたら必ず行きたいビーチのひとつが、グアム最北端に位置するリティディアン岬。島内屈指の美しさとうたわれているが、美しさもさることながら、その隠れ家のようなロケーションがたま…

ミシェルズ コーヒーショップ(Michelle's Coffee Shop)ジーゴ(Yigo)店

グアムのなかでも1、2を争う美しさを誇るリティディアン・ビーチへ向かい、車で北上。何も腹に入れずに泳ぐのは危険だろうと、ジーゴ(Yigo)でMichell's Coffee Shop(ミシェルズ コーヒー ショップ)に立ち寄った。 店内はいかにもアメリカのダイナーなの…

父の愛が溢れる甘いドーナツ—ダディーズ ドーナツ ショップ(Daddy's Donut Shop)

ドーナツはカリカリ派? ふわふわ派? ドーナツにあまりこだわりはないんだが、あえて言うなら、ミスタードーナツのオールドファッションが好きだ。外側のカリカリした食感と、重量感のある生地が、これぞドーナツの王道。 と思っていたのだが、いい意味で期…

猫好き集まれ—カフェ キャット クレア(Cafe Cat Crea)

初日に行こう!キャット・クレア グアムをあますことなく楽しむために、レンタカーは欠かせない。国際免許証も必要ないので、お手軽気軽だ(ただし道路交通法はアメリカと同じなので注意)。今回は、ウェスティン近くのレンタカーを予約した。 その階下にあ…

ホームメイド ハンバーガーの雄—モサズ・ジョイント(Mosa's Joint)

グアムといえばハンバーガー! 年越しから10分後に今年初の赤ちゃんが誕生 これはグアム新聞の見出しである。つまり、マリアナ諸島の最南端に位置するグアムは、もっとも早くに陽が昇るアメリカなのだ。 アメリカの食事といえば、やはりハンバーガーははずせ…

フレッシュハーブが香る、ロコに大人気のテイクアウト専門店—タイ スムージー&グリル(Thai Somoothie & Grill)

繊細な気遣いが光るテイクアウト専門のタイ料理 レオパレスリゾート近くの角に立つタイ料理店「タイ スムージー&グリル(Thai Somoothie & Grill)」。気にはなっていたものの、これまでいくども車で素通りしていたところ、グアムの友人いわく、 「あそこ、…

グアム食文化の期待の星—キッチン リンゴ(Kitchen Lingo)

※2017年1月時点では、改装中のため閉店していました。拡張なのか、移転なのか、定かではありませんが、分かり次第、更新します。 なお、HPもリニューアルされていましたので、更新しています。(2017.02.06) 進化形! チャモロ料理 ひと昔前であれば、肉・…